iPhone に四苦八苦のブログ

iPhone を購入後、踏んでしまった地雷の数々を記録します。

iPhone 6s 購入・移行編 の記事一覧

[113] iPhone のデータ移行はどうやるの? その4

2015.11.18 (Wed)
(前回からのつづき)
iOS 9.0 の不具合をしのいで、なんとか iPhone 6s にデータ移行が成功したかのように見えましたが、いくつかのアプリは移行に失敗をしていました。 失敗が確認できたものは、

「連絡先」
・すべての連絡先が消えていました。

「ArrowNote」
・アプリ内に保存していたテキストが消えていました。

「リマインダー」
・全てのデータが消えていました。

「ロードランナー」
・セーブデータが消えていました。


…(このあたりで他のアプリの確認を中断)

連絡先は、IS Contacts Kit でバックアップを取っておいて、ホントに正解でした。
多少のアプリが移行に失敗していようとも、
「まぁ、上出来!、頑張ったよ、自分!」 と妥協しようと考えていましたが、
ロードランナーのクリアデータの移行失敗を確認して、妥協することが悔しくなりました。

Lode Runner Classic
『ロードランナー』(Lode Runner)は、ダグラス・E・スミスにより考案され、ブローダーバンドから1983年に発売されたアクションパズルゲーム。 全150面。(Wikipediaより)

そして、ちょっとこれまでの作業を振り返ってみました。

1) iPhone 5 のバックアップを iTunes で作成した。
2) 買ってきた iPhone 6s で「バックアップを復元」を試みるも、iOS 9.0 の不具合のせいで起動できなかった。
3) そこで、iTunes で iOS 9.0.1 を当てて、起動に成功した。
←イマココ

振り返ってみると、 2) の作業が、中途半端に終わっていることは明らかなのです。
そこで、もう一度 iTunes に繋げて「バックアップを復元」を試みることにしました。

バックアップを復元

…すると、連絡先も、ロードランナーのクリアデータ移行に成功しました!
端末内のアプリを事細かに確認したところ、殆どのアプリのアプリ内データや、各種設定を移行することに成功しました。
諦めなくてよかったです!


新しい iPhone に、設定やデータが移行できなかったアプリ
それでも、データ移行に失敗したアプリがいくつかありました。

「LINE」
トーク履歴の移行に失敗しました。これも、原因がわかりません。知人には移行できた人もいました。 旧端末と新端末でOSのバージョンが違ったからでしょうか。 こちらのページにも、そのようなことが記載されていました。

LINEの履歴の引き継ぎと復元方法
iOSのバージョンが違うと履歴が消える?
トーク履歴は、トークの相手にお願いして、履歴のコピーを送信してもらいました。 テキストファイルですので、 メモにペーストして参照することにしました。

「リマインダー」
なぜか、リマインダーに関しては、リトライしても、アプリ内のデータが何も移行できませんでした。 これも、旧端末の iOS が 7 だったことが原因のような気がします。
リマインダーに関しては、私は移行をあきらめました。

「Downloads」
私が最強のアプリと考えている「Downloads」。 アプリ内のフォルダは移行できていましたが、中のデータは2割ほどしか移行できていませんでした。 なんと、よく見るとこのアプリの中の設定メニューにも、「 iTunes にバックアップするか否か」の設定がありました。 移行できなかったのは、この設定を行わなかったからでしょうか。
この後私は、旧端末から Downloadsのデータ を抽出するのですが、その方法に関しては、別の記事に新たにまとめます。


新しい iPhone で、設定が面倒なアプリ
「メール」
これは、au のページを参照して設定しました。
Safari のブックマークにある「auお客さまサポート」を選び、「iPnone設定ガイド」を開きます。
要は、設定のしなおしなのですが、「未署名のプロファイル」を選択するという勇気が試されました(私だけでしょうか)。
また、設定完了後にいきなりすぐには、すべてのメールが復帰しません。 約30分くらいかかって、過去のメールが参照できるようになりました。


以上で、なんとか、iPhone の引越し作業がおわりました。
いや~。。。
新しい iPhone への移行が、こんなに大変とは思いませんでした。
結局、半日つぶしてしまいました。しかも、まだ完全に移行は完了していないアプリもあります。

こんな難しい作業を、みんなができるとも思えません。
きっと世界中で困っている人がたくさんいるんだと思います。


[まとめ] 新しい iPhone へ引っ越しするときの注意点
最後に、新しい iPhone へ引っ越しするときの注意点をまとめておきます。ワタクシの、反省点でもあります。

[1] 念のため、連絡先は、「IS Contacts Kit」を使ってエクスポートしておく。
[2] 念のため、LINE は、「トーク履歴の送信」をしておくのがよい。
[3] もし Downloads というアプリを使っている場合は、アプリ内の設定も確認すること。
[4] 古い iPhone、新しい iPhone ともに iOS を最新のものにアップデートしておくこと。 絶対に iOS 9.0のままで作業開始してはいけない。
[5] 新しい iPhone は移行完了までパスコードロックは設定しない。
[6] iTunes でバックアップを取る前に「PCの認証作業」をすること。
[7] iTunes でバックアップを取るときは「iPhoneのバックアップを暗号化」を選ぶこと。
[8] すべての作業は、メモを取りながら行うこと。


もし誰かのお役に立てば幸いです。

数々の地雷を踏んで血を流しましたが、
いよいよ iPhone 6s の生活が始まるのでした。


[112] iPhone のデータ移行はどうやるの? その3

2015.11.01 (Sun)
iPhone 6s を購入したワタクシ。
いよいよ、前の iPhone からバックアップをとったデータを、iPhone 6s に移行します。
PC で iTunes を起動し、iPhone 6s をケーブルで接続しました。
そして、iTunes で、「バックアップを復元」をクリック。

バックアップを復元

データの移行が開始されます。進捗を示すバーが伸びていく様子を見る限り、順調でした。

途中、接続した iPhone 6s が再起動しました。
前の iPhone 5 では、ロック画面の壁紙にパンダの写真を使っていたのですが、再起動後、一瞬そのパンダの姿が見えたことから
「お、データ移行ができたかな?」と思いました。
そして iPhone 6s の画面には、「スライドでアップグレード」という表示が出たのです。

…ところが。

スライドできないんですが。

なにこれ?
スライドしたくても、動かないのです。
いったい、何が起こったの?!
仕方がないので、iTunes から外して iPhone を再起動をしたものの、途中で止まってしまいます。

調べてみると、まさに、ワタクシと同じ地雷を踏んでいる方がいらっしゃいました。

iPhone 6sにてバックアップから復元中に「スライドでアップグレード」という画面から先に進みません。 | Apple サポートコミュニティ
iPhone6sをソフトバンクで機種変更して、自宅のWi-Fiにて前機種のiPhone5sのデータで復元しようとしたところ、最終的に「スライドでアップグレード」という画面で止まってしまっています。(中略)
電源ボタンを長押しして再起動してみると、アップルマークの画面からスライドでアップグレードの画面に進み、スライドするとパスコードを求められ、入力します。するとアップルマークの下にプログレスバーが表示され20秒ほどでアップデートが完了しました~の画面になり、「続ける」をタップすると★ 一瞬アップルマークが表示され、冒頭のスライドでアップグレードの画面になります。ここまでくるとスライドしても何も動きません。非常にこまっています。

私の場合、この↑報告の★の部分が少し異なっていて、

再起動後 → Wi-Fiネットワークの選択までは進むのですが、→ そこで「次へ」をタップすると → アップルマーク → 「スライドでアップグレード」画面 → スライドできない → 手詰まり → そして再起動 → (以降、繰り返し)

のループとなりました。
新品なのに、起動すらできないって、どういうことでしょう?
調べてみると、とんでもない情報が見つかりました。

iPhone 6sでも復元後に「スライドでアップグレード」から進めない不具合発生中 | 情報科学屋さんを目指す人のメモ
iOS 9.0 で発生している不具合です。
この不具合は、iOS 9.0.1 のリリースで修正されました。
しかし、iOS 9.0.1 のリリースは、iPhone 6s / 6s Plus の発売日の【前日】でした。
なので、間に合うはずもなく、出荷されている iPhone 6s / 6s Plus にインストールされているのは、 iOS 9.0 です。
なので、iPhone 6sでも同じ「スライドでアップグレード」から進めない問題が発生してしまっているようです。

…なんだこれ!?
こんなの、iPhone 6s に乗り換える人、必ず引っかかってしまうのではないですか。

この地雷を回避するには、

・買ったばかりの iPhone の OS のバージョンを確認し、
・iOS 9.0 だったらどんな 不具合をネットで調べた上で、
・iTunes で「バックアップからの復元」を行う前に、
・iOS をアップデート


すれば良かったってこと?!

しかし、あえて、言わせていただきましょう、
わかるか! そんなもん!

お店の人だって、そんなこと言わなかったよ?!
これって、欠陥商品なんじゃないの?!

上記で紹介したページによると、この状態になった場合、対処方法は 「DFUモードにして『復元』を試みよ」 と書いてありました。つまり、工場出荷状態に戻すとのこと。今日買ったばっかりなのに、なんでこんなことをするハメになるのか、泣けてきます。

iPhone 6sでも復元後に「スライドでアップグレード」から進めない不具合発生中 | 情報科学屋さんを目指す人のメモ
すでに「スライドでアップグレード」から抜けられない状態になっている場合は、DFUモードを使って、強制的に初期化してみてください。

このページの指示に従って、DFUモードに切り替えて、「バックアップからの復元」を試みたものの、、
今度は 「パスコードでロックされているため、iTunesはこのファイルに接続できませんでした」 となりました。

では、パスコードロックを解除しようと思ったのですが、
iPhone を再起動すると、ふたたび上記★のループの繰り返しがはじまります。

うーむ、、悪夢のようです。
過去の私に、そして、これから iPhone 6s にデータ移行する人に訴えたい。

・移行作業前に、iPhone 6s の iOS のアップデートを必ずして下さい。
・そして、移行作業前には、パスコードの設定はしない方がいいでしょう。


泣きそうになりながら、私が行った解決方法は、以下のとおりです。

・前の iPhone の壁紙パンダが表示されていることから、恐らくデータは移行できているものと信じます。つまり、「バックアップを復元」は、もうやらない。
・スライドできない問題の原因は、iOS 9.0 です。経由で、OSを iTunes を使って新しいものに更新します。
・ただし、更新中にロックが掛からないように、ずっと画面をツンツンしていました。


iTunes での iOS の更新は、こちらのページがわかりやすかったです。

iOS ソフトウェアをアップデートする | Softbank

iOS の更新は、「バックアップを復元」と同じ画面の上にある「更新」ボタンを押します。iOSが最新なら「更新」ボタンは表示されません。

iOS のダウンロードに時間はかかったものの、何とかこの後、起動することに成功しました!

ネットにはこの「スライドできない」問題の情報が多く上がっていますが、そのあとの解決方法が曖昧な記事が多い気がしました。 この、「データ移行後 iPhone 6s でスライドできない」地雷を踏んだ方は、すみやかに iTunes で iOS の更新を行うのがよいと思います。 DFUモードを試す必要もないかもしれません。

苦労の末に起動した iPhone 6s の画面を見ると、
アプリも、なんだか移行できているようです。写真も移行できてますし、Safari を見ても、ブックマークが入っていました。
では「連絡先」は?

…空になっていました。
えっ?!!

まだまだ地雷はつづくのでした。

さて皆さん。
今回はもうさすがに後悔するポイントは尽きているのですが、未来からの声をお聞き下さい。

(……きこえますか…きこえますか…
…iPhone 6s にデータ移行をした…みなさん…
…今…あなたの…心に…直接… 呼びかけています…
…移行が…完了したと…思っても…
…安心しないで…ください…
…また、…移行に…失敗したと…
…思っても…諦めないで …ください…
…諦めては…いけません…
…悪いのは…Appleです…あなたは…
…悪くないのです…
…悪いのは…Apple …なのです…)



[111] iPhone のデータ移行はどうやるの? その2

2015.10.23 (Fri)
iTunes でバックアップをとった翌日のお昼休みに、再びビックカメラに向かいました。

機種は、6s / 64GB / スペースグレイ と決めていました。在庫もあるようですので、さっそく手続きの開始です。

ちなみに、私が手続きしたとき(2015年10月5日)、
ビックカメラでの iPhone 6s の機種変更価格はこんなでした(au)。
6s-price-800b.png

私は au ユーザーですので、au 以外のキャリアの方には参考にならないかもしれませんが、このときの手続きでのポイントをメモしておきます。

iPhone の移行手続きでのポイント(au編)

1. クーポンは忘れずに!
手続きの冒頭で、お店のお兄さんに、
「クーポンはお持ちですか?」
と聞かれました。
はて?えっと、
「それは、郵送されてるのですか?」
「はい、郵送とか、ショートメールで届いてると思います。
そんなの届いてたっけ、、あ!
そういえば、そんなのあった気がします!
「これですか?」
auから届いていたメッセージを見せました。
クーポンのメッセージ
これで、1万円値引きになりました。
あるとないとでは大違いです。
後日、郵送でも同様のクーポン券が届いてました。
iPhone 6s を購入する方は、お店に行く前に必ずクーポンをご確認下さいませ。

10,000円割引クーポンキャンペーン | au


2. プランの見直し
最初に iPhone 5 を購入したときからすでに2年9ヶ月経過していました。
購入時に交わしたプランのうち、2年契約のものがいくつかあり、それらが契約切れであることを教えてもらいました。

・テザリングの無料期間が2年で切れていました。(つまり、いま月額を払っていました)。
・Apple Care も、2年で切れていました。

テザリングは解約するか悩みましたが、今年いっぱいは継続することにして、
Apple Care は 6s 購入と同時に新たに加入しました。


3.下取りもしくは買取りの準備
これまで使っていたiPhoneは、au に下取りしてもらうか、ビックカメラに買い取ってもらうことができるのだそうです。
au のバヤイは、現金ではなく、auウォレットのポイントになるとのこと。
私の iPhone 5 は、auウォレットだと本体さえあれば下取り価格が16,200円(ポイント)。さらにキャンペーンで、10,000円が追加でチャージされるんですって、奥さん!

スーパー機種変更キャンペーン | au

一方、ビックカメラの買取だと最大で11,000円。「最大」とは、本体の状況、箱やケーブルなどの有無で値引きになるのだそうです。

もちろん迷わず auウォレットに決定です。
本体を下取りしてもらうのは、移行作業の完了を確認してからということにして、
この日は auウォレットの申し込みをしました。

余談ですが、対応してくれた店員のお兄さんに、
「ビックカメラでも下取ってくれるんですね」と言ったら
「買取りです!」と訂正されました。
下取りと買取りって違うのですね。
調べてみました。
下取りと買い取りって何が違うの? | 車下取りのガリバー
お店の役割が違います。 下取りとは、新しく新車または中古車を買うお店に今まで乗っていたクルマを引き取ってもらうことです。
買い取りとは、買取専門店や販売店に、新しいクルマの購入とは関係なく直接クルマを売却することです。


4. 本体の確認
各種契約が終わったら、いよいよ、iPhone 6s 本体の登場です。 お店の人が箱を開けて、「端末の確認をしてください」と言います。
なんか、レストランでのワインの試飲みたいです。 …聞かれはするものの、実際、「変えてください」と言えるのかなぁと感じるあたりが。

でも、高い買い物ですから、本体の傷だけでなくディスプレイの確認もしっかりしましょう。
私は裏面にゴミ?がくっ付いてるのを見つけてしまいました。最初は傷かと思ったのですけど、店員さんがキレイに取ってくれたので、まぁよしとしました。 そして、ディスプレイをオンにしてもらって、モニタのドット抜けがないか確認をしました。


5. ゼロ円でもレシートは忘れずに
本体の確認が終わると、店員さんがSIMカードの差替えと本体の起動までをして完了です。
支払いは月々の引き落としなので、レジにてゼロ円のレシートをもらいます。
ゼロ円とはいえ、買った証書ですので、このレシートは無くさないよう注意しましょう。


以上で、6s の購入が完了しました。
カバーはお気に入りのモノを既に通販でオーダーしていたので、画面の保護シートだけを買って帰りました。


帰宅後、新しい iPhone に、昨日 iTunes に入れたデータを移す作業を開始しました。
まずは箱から出してすぐに保護シートを貼り付け、本体のパスコードを設定。
iOS 7 では4ケタだったパスコードが6ケタになってたことに驚きましたが、設定完了。 指紋登録も面白そうでしたが、パスコード設定だけに留めました。
そして、データ移行を始めるべくPCを起動したのでした。

さて皆さん。
ここでも、いま思うと大失敗をしていました。この後、このミスのせいで苦難の道を歩みます。
未来からの声をお聞き下さい。

(……きこえますか…きこえますか…
…iPhone 6s にデータ移行をする…みなさん…
…今…あなたの…心に…直接… 呼びかけています…
…移行前に、…パスコードの設定を…
…しないで…下さい…
…なぜ?…と思うかもしれませんが…
…パスコード設定を…しては…いけません…
…そして、移行作業を始める前に…iOSを …
…最新版に…アップデートをして…ください…
…買ったばかりの…iPhoneで…
…なぜ、…そんなことをするかと…
…疑問に…思うかもしれませんが…
…アップデート…するのです…
…アップデートを…するのです…)


つづく


[110] iPhone のデータ移行はどうやるの? その1

2015.10.19 (Mon)
iPhone 5 から 6s に乗り換えることを決めたものの、
気になるのはアプリやデータの移行方法です。

写真は Dropbox にメールは Gmail に常にバッアップは取っているのですが、
例えばメモだの、連絡先などのデータの引越しは大丈夫なのでしょうか。
気になるものを挙げてみました。

a) Safari のブックマーク
b) メモ、連絡先に保存したデータ
c) ダウンロードアプリに保存したファイル
d) LINE のトーク履歴
e) ゲームのクリアデータ
f) その他、各種設定
…などなど。

a) b) 、また 写真・メモなどは、iCloud で保存できると言われています。
しかし私は iPhone 5 を買った直後に iCloud を試した時、何がいけなかったのか連絡先の情報や Safari のブックマークが空になった経験があるので、iCloud は使わないようにしています。 そもそも、iCloud は無料では 5GB しか容量がありませんし。

c) は、「Downloads」 や、「VideoPro」 といった、画像や動画のダウンロードアプリで保存しているデータです。 iOSにはアプリ共通のフォルダがありませんので、すべてアプリ内にファイルが保存されています。

d) は、すべての友達のトーク履歴が欲しいわけではありませんが、やはり移行できるなら移行して欲しい。

e) は、アイテムや、どこまでクリアしたかみたいな情報です。特に「ロードランナー」というゲーム、3週間くらいかけて全150面をクリアしたんですけど、も一度やり直すのはさすがにイヤですもの。
Lode Runner Classic
『ロードランナー』(Lode Runner)は、ダグラス・E・スミスにより考案され、ブローダーバンドから1983年に発売されたアクションパズルゲーム。(Wikipediaより)

f) は、iPhone の各種設定や、辞書登録した言葉などです。

移行したいものを挙げていくと、キリがありません。
果たしてこれらは、新しい iPhone に移行できるのか?
お昼休みにビックカメラにて、店員のお姉さんに、そこんとこを聞いてみました。 すると、
「PC お持ちでしたら、iTunes 使ってバックアップすると、移行できます」 とのお答えが。

「Safari のブックマークとかも大丈夫ですか?」
「ハイ、大丈夫です!」
「いま使っている iPhoneは iOS 7 なんですけど、iOS 9 への引越しも問題ないですか?」
「ハイ、古い iOS 6 とかだとダメかもしれませんが、7 なら大丈夫ですよ!」
「あ、そうなんですね。じゃあバックアップ取ってからまた来ます」
「ハイ、いま iPhone の端末の下取りもしていますよ!」

なんと!良いことを教えていただきました。
ということで、その日は iPhone は買わずにそのまま帰り、
バックアップ作業を行うことにしたのでした。

iPhone のバックアップ作業

私は、iPhone を引越しするにあたり、以下の4つの作業を行いました。
[1] 連絡先は、「IS Contacts Kit」を使ってエクスポートしておく。
[2] LINE の引越し準備をする。
[3] ソーシャルゲームは、各ゲームの案内に従って移行手続きをする。
[4] iTunes でバックアップデータを作成する。


なお、バックアップ作業だけでなく、その後の作業も、何をやったかを逐一記録しながら作業していくことをオススメします。
メールアドレスやパスワードなど、いろいろ記録すべきことが多いのです。
どうせ PC を使うので、メモ帳でメモしながら進めましょう。

[1] 「IS Contacts Kit」を使って、連絡先をエクスポート
1) の「IS Contacts Kit」とは、連絡先に保存されているデータをエクセル形式でエクスポートできるアプリです。
IS Contacts Kit Free
連絡先の引越しは、iTunes のバックアップの範囲でもできるはずですが、
万一 失敗したときの備えです。アプリの紹介と使い方はこちらが便利です。

iPhoneの連絡先を簡単にバックアップできる「IS Contacts Kit」| AppBase


[2] LINE の引越し準備
LINEの引越し準備は、公式ブログを参考にして行いました。

機種変更をする時にLINEのアカウントを引き継ぐ方法 | LINE公式ブログ

こちらのページ記載の【STEP 1】までを行いました。
説明によると、「トーク履歴の引継ぎはできないから、保存しましょう」と書かれています。しかし、さらに下まで読むと、iOS での移行方法が記載されていたので、私は「なんだ。移行できるのか」と思い、履歴の保存はしませんでした。


[3] ソーシャルゲームの引越し準備
この作業は、ゲームごとにやり方が違うと思います。 私はソシャゲを、今は殆ど遊ばないのですが、過去遊んでいたタイトル2つだけ、ゲームの設定メニューに従って引越し準備を行いました。

[1]~[3] の作業が終了してから、いよいよ最後の作業です。


[4] iTunes でバックアップデータを作成する
iTunes を使っての iPhone の中身のバックアップをします。
私の場合、PC に iTunes をインストールするところからはじめました。
しかし、この作業、いくつか地雷が潜んでいました。
押さえておいた方が良いポイントをお伝えします。

iTunes を使った iPhone のバックアップの注意点

[注意1] iPhone を接続する前に行う設定
iTunes をインストールしたら、iPhone を接続する前に、「iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない」という設定にします。これをしないと、勝手に同期作業をされてしまう危険があります。

iTunes では、Ctrl+B でメニューが出る、ということは覚えておくと便利です。
そしてメニューを出したあとで
[編集] → [設定]、 そして 「デバイス」 を選んで
「iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない」にチェックを入れ「OK」を選択します。
(以上、WIndows版の操作)

この設定の仕方は、Softbank のページも参考になります。こちらは別のルートで同じメニューを出しています。
iTunes でバックアップをする | Softbank
※ただし、このページの、この設定以降の説明は無視して下さい。(理由は後述)


[注意2] PCの認証作業を必ず行うこと
バックアップ作業をする前に、「コンピュータの認証」を行います。
この作業を行わないと、一部のアプリしかバックアップされません!
とんでもない地雷です。
Ctrl+B でメニューを出してから、
[Store] → [このコンピュータを認証] を選んで、Apple ID と そのパスワードを入れます。
バックアップ完了したのに、以下のようなアラートが出る人は必ずこの認証を行って、もう一度バックアップをやり直して下さい。
"" など、iPhone"" で購入した一部の項目はこのコンピュータでの使用が認証されていないため、iTunesライブラリに転送できませんでした。

iTunes Store から 購入した項目を使用できるようにこのコンピュータを認証するには、[Store] > [このコンピュータを認証] と選択します。
転送できなかったファイルの一覧を見るには、下の[+]をクリックしてください。

[+] 総問題数:85
ネットで調べても、私の場合も、総問題数は85個なんですよね。なんででしょう。


[注意3] 「iPhoneのバックアップを暗号化」を選ぶ
バックアップをするときは、「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れます。そしてパスワードを決めて、しっかりと控えておきましょう。
暗号化を選択しないと、アプリ内のデータが保存されないのです。
これも、とんでもない地雷です。
[注意1] で、紹介した Softbank のバックアップに関するページでは、暗号化の指示が抜けていますので注意してください。
暗号化バックアップのやり方や、暗号化をする/しないの違いについて、こちらのページが参考になります。

【知っ得】「iPhoneのバックアップを暗号化」活用すべき理由と使用方法 | SBAPP
※ただし、このページのLINEに関する説明必ずしも正確ではありません。

以上の3つは、私が踏んだ地雷です。
特に2番目は、気が付かなかったら、取り返しがつかないかもしれません。みなさんご注意ください。

試行錯誤すること 2~3時間、なんとかバックアップを行いました。
iTunes で「バックアップを暗号化」をしたので、
写真、連絡先、各種設定、更にはLINEのトーク履歴にいたるまで、
すべて保存できるている、はずです。
ヤター!ヤタヨー!バックアップ完了!

そして、いよいよ次の日に、
iPhone 6s を購入に行ったのでした。

さて、みなさん。
この後、私はさらに多くの地雷を踏むことになります。
いま思うと、この時点で既に大きな失敗を幾つかしていました。
この 「iPhone移行編」 の連載では、当時の私の行動をご紹介するとともに、後で「ああすればよかった」と感じたことを、「未来からの声」として、各回の最後に紹介しておきます。
その理由は最後にまとめますが、未来からの声もぜひ参考にして下さい。
それではどうぞ。

(……きこえますか…きこえますか…
…iPhoneのデータ移行をする…みなさん…今…
…あなたの…心に…直接… 呼びかけています…
…LINEは、…必ずアプリから…「トーク履歴の送信」を…
…しておいて…下さい…
…連絡先も…必ず…
…IS Contacts Kit で…バックアップするのです…
…iTunesを…Appleを…信じないでください…
…けっして…信じては…いけません…
…あと…可能なら…iTunesにバックアップを取る前に…
…元の端末の iOSは …最新版にアップデートをして…
…ください…面倒でも、…アップデート…するのです…
…アップデートを…するのです…)


つづく


[109] iPhone 6s は、どのモデルがいいの?

2015.10.12 (Mon)
これまで iPhone 5 を使っていましたが、
iPhone 6s が発売されたのを機に、思い切って機種変更をすることにしました。

iPhone 6 / 6s のデザインって、実はあまり好きではありませんでした。カメラ出っ張ってるし。

でも、iPhone 5 からだいぶ経ってしまったことと、6 と 6s では色々変わったみたいですので、乗り換えてもいいかな!と思ったのでした。

さて、では iPhone 6s は、どのモデルを買うべきか?

本体色は「ローズゴールド」が話題ですが、ワタクシは「スペースグレイ」に決めていました。
なぜなら、アップルのデザイナー、ジョナサン・アイブに関する本に、初代 iPhone のデザインコンセプトが書かれていたのを読んだからです。



なんでも、初代 iPhone のデザインで、狙っていたのは「インフィニティ・プール」だったのだそうです。

「…何それ?」

インフィニティ・プールとは、縁が見えずに、海や湖と繋がっているように見えるプールのことをいうのだそうです。

例えば、こんなプール。

シェラトン・ワイキキ・ホテルのインフィニティ・プール
インフィニティ・プール

まぁ、日本人には「ああ、こういう露天風呂、あるよね」て思う方も多いのでは?
例えば、こんなお風呂。

赤穂温泉 絶景露天風呂の宿 銀波荘|兵庫県 赤穂 旅館
インフィニティ・温泉

調べてみたところ、なんと、こういうお風呂はインフィニティ風呂と言うんですって!
まとめサイトもありました。

絶景!?インフィニティー温泉ってなんだ | NAVERまとめ

さてさて、書籍「ジョナサン・アイブ」によると、初代 iPhone では、電源をオフにしている時は全面真っ黒で、どこがモニターなのか分からないようになっていて、オンにした瞬間にモニタが浮かび上がる…、そんな演出を目指したのだそうです。

…そのデザインはジョニーが理想とした「インフィニティプール」の幻想を体現していた。電源がオフになっているときには、インクを落としたような真っ黒の平面しか見えない。電源が入ると内側から魔法のようにスクリーンが浮かび上がる。…
「ジョナサン・アイブ」より

もうお分りかと思います。
iPhone 6s で、フロント面が黒いのは、スペースグレイだけなのです。それ以外は、フロント面が白なので、モニターと本体の境界がオフの時にも明らかになってしまっています。
当初のコンセプトである「インフィニティ・プール」にはなっているのは、スペースグレイだけなのでした。
6s スペース・グレイ

みなさん、日本は特に白や金の iPhone が人気ではありますが、機会がありましたら黒い iPhone を見てみてくださいね。
どうせカバーを付けてしまうのですから、本来のコンセプトを継承している、フロント面が黒いモデルも、なかなか斬新ですよ。

まぁ、こんなウンチクを仕入れたので、
・色はスペースグレイに決定!
・容量は、これまでが32GBなので、移行して使うなら倍の64GBに決定!
・6s か、6s plus かは、やっぱり手に収まりやすい 6s に決定!


こんな感じで、機種の種類は
悩むことなく決まりました。

次に気になるのは、データの引っ越し方法です。

「ま、お店の人に聞けばいいか。」

と、お昼休みに会社近くのビックカメラに向かったのでした。


[108] iPhone 6s を買いました

2015.10.09 (Fri)
みなさん、たいへんご無沙汰をしております。
このたび、iPhone 5 から、6s に機種変更をしました!
iPhone6s
iPhone 5は iOS7 のまま使っておりましたので、
iOS9 かつ iPhone 6s になって
、、もぉ大変!
色々と戸惑ってます。

そもそも、iPhone の 端末を切り替える作業自体が
地雷だらけでありました。

「え、なに? 何言ってるの、このメッセージ?」
「ちょ、ちょっと! ここでフリーズ?!」
「………まさか、データLOST?!!!!!」

と、戸惑いと絶望の数々。

「こんなの分かるか!●ね!」

と、何回 キャルフォルニィアのアップル本社を罵ったことか。

Apple本社
1 Infinite Loop, Cupertino, California (Google Map
アップル本社(Google Map)

アップル本社(Street view)

そこで、このブログの再開です。
「こんな地雷を皆さんに踏ませてはならぬ」
「ここで血を流すのは、私が最後であって欲しい」
と、思い至ったのでありました。

久々の再開ですが、今まで更新がなかったのは、
最後にブログを更新した以降は、
あまり地雷を踏まなかったからなんですよ?

「更新がめんどくさかったんじゃないの?」
「ブログ飽きてただけなんじゃないの?」


…とんでもございません!
そんなことないですよ、ええ、マジに、そりゃあ、もう。

でも、実際、色々と忙しかったんだよなぁ、、

ともかく。

まずは、
iPhone 5 から 6s への引越し編から
スタートします。

というわけで、
ブログ再開の宣言をさせていただいたのでした。


 | HOME |