iPhone に四苦八苦のブログ

iPhone を購入後、踏んでしまった地雷の数々を記録します。

au のプランに関して の記事一覧

[100] 海外で iPhone を使うには、どんな設定をすれば良いの? その2

2014.04.25 (Fri)
au iPhone

海外で iPhone を使うときの設定 のつづきです。
まず、前回 調べた基礎知識を書いておきましょう。

1) ローミング = 海外で、現地の通信会社を利用すること。
2) パケット = データ通信するときの、データのかたまり。
3) アプリもいろいろデータ通信する。
4) Wi-Fi でデータ通信をするときはパケット代が発生しない。
5) Cメールは、パケット代は発生しないけど、送信料はかかる。


これらを知っておけば、設定画面も理解しやすいと思います。


海外での利用でパケット代を抑えるにはどうしたら良いか、au iPhoneテクニカルサポートに電話して、色々教えてもらいました。
対応してくれたお兄さんによると、au には、「海外ダブル定額」というサービスがあるので、「パケット代がとんでもない金額に!」という事態には、ならないんだそうです。

海外ダブル定額(4G LTE)| au
約24.4MBまでのパケット通信料が最大1,980円/日
どれだけ使っても最大2,980円/日

「そのプランは、どうやって申し込むの?」

と、思う方もいるでしょう。私も尋ねました。
海外ダブル定額は、申込み手続きがなく、対象エリアの国で、キャリアを使ってデータ通信をした瞬間から適用されるとのこと。

海外ダブル定額 の押さえるべきポイントは、
・渡航先が対象エリアなら利用可能。データ通信をした時点で開始。
・iPhone の PRL は最新版にしておいた方がよい。
・音声通話と SMS (Cメール) / 国際SMS は対象外。

の3点です。

渡航先が、海外ダブル定額の対象エリアではないと適用されません。エリア外だとパケット代が従量制になるので、気をつけないと「とんでもない金額に!」なるかもしれません。
ですので、先ほどのページで、渡航先が対象エリアか確認します。
私の場合、渡航先の NY は対象エリアでした。

つづいて、PRL を確認します。

「PRL って、なあに?」

私も知りませんでした。 PRL とは、Preferred Roaming List の略で、ローミングする海外事業者の情報が入っているのだそうです。PRLは、
[設定] → [一般] → [情報]
の画面で、 [キャリア]という文字をタップすると、バージョンが確認できます。

「キャリア」をタップ

「ここ、押せるの?!」
と思いますよね。最新バージョンは「9」(2014年4月時点)です。
最新版でない場合はこちらのサイトを参照して更新します。

渡航先が対象エリアで、PRLも最新なら、海外ダブル定額が利用できます。
これで、パケット代の心配は解決!
めでたし、めでたし。


…とは、思いませんでした。

だって、、、
定額とは言っても、データ通信料はかかりますよね。
ケチな私は、それも抑えたいと思いました。

NY で、私の泊まるホテルは、無料で Wi-Fi が利用できます。
それに、NY なら、屋外にもフリーの Wi-Fi スポットが色々ありそうです。
ならば、いっそ「海外ダブル定額」すら使わなくてもいいんじゃないかしらと考えたのです。

でも、「海外ダブル定額」はデータ通信を始めた時点で適用されてしまいます。
私が使わないように気をつけていても、アプリが勝手にデータ通信をしたら、費用が発生してしまうじゃないですか。
どうすればいいの?

au テクニカルサポートのお兄さんに、尋ねてみました。
すると、お兄さんが ちょいと得意げに、
「ボクなら、こうしますね~」と、教えてくれた設定が、コチラ。

・機内モード オン にして、Wi-Fi もオンにする。

びっくりです。この2つの組み合わせってアリなんですね。
コントロールセンターで機内モードをオンにすると、連動して Wi-Fi はオフになるので、
両立できないのかと思っていました。
試してみたら、たしかに両方をオンにできます。

コントロールセンター

機内モードをオンにすると、キャリアとの通信を完全に遮断します。ですので、この状態で「海外ダブル定額」が始まることはない、というわけ。

そして Wi-Fi をオンにしておけば、キャリアは使わず、Wi-Fi だけでデータ通信をします。この設定でも、ezwebメール も受送信できますよ。

ただし、機内モードをオンにすると、音声通話も SMS も利用できなくなります。
私の場合は、滞在期間が短かく(3泊)、プライベートな旅行だったので、電話や SMS を使わないと判断しました。

「でも、もし音声通話だけを使いたいとしたら、どんな設定がいいのでしょう?」

と、さらに質問をしてみたところ、こんな設定を教えてくれました。

[設定] → [モバイルデータ通信] → モバイルデータ通信をオフ にし、
さらに、同じ画面で
[ローミング] → 音声通話ローミングだけをオン

こうすることで、ローミングで(=海外のキャリアを使って) 音声通話とSMS だけを使えるようになります。

いやー、勉強になりました。
私のたくさんの質問に、詳しく丁寧に教えてくれた au のお兄さんには感謝です。20分くらいは電話してたと思います。
そのお兄さんは、最後に、こんなことを教えてくれました。

「AppStore に、au が提供している 『GLOBAL PASSPORT』 という無料アプリがあるので、ダウンロードするとよいですよ」

GLOBAL PASSPORT

「そのアプリは何ができるのですか?」
と質問したところ、

「本日、私が説明したことがすべて書いてあります」

「!!」

…最初にそれを教えてくれれば良かったんじゃないの?!
と、思ってしまったのでした。

※補足その1
「GLOBAL PASSPORT」 には、「キャリアを使わず、Wi-Fi 通信だけをする」設定は書いてありませんでした。テクニカルサポートのお兄さん、ありがとう!

※補足その2
NY から帰国後に明細を確認したところ、通信費用は
・海外ダブル定額…ゼロ(使わなかった)
・Cメール…500円(!)
という結果でした。
帰国後、NY の人に到着報告とお礼をCメールで送ったのが、500円の敗因でした。「海外へのCメールは一件100円」ということを、このとき学んだのでした。


[99] 海外で iPhone を使うには、どんな設定をすれば良いの? その1

2014.04.06 (Sun)
au iPhone

ちょいと突然、ニューヨークに行ってきました。iPhone を購入してから海外に行くのは、初めてでした。NY 旅行の目的はこちら、アラジンのミュージカルです。



よく、「海外でスマホを使ったら、翌月パケット代の請求額がトンデモナイ金額になった…」
てなエピソード、聞きますよね。
そういう目に遭わないようにするには、どうしたらいいの?

きっと、設定の仕方が重要なんだと思われます。調べるのも面倒なので、au のサポートセンターに電話してみました。

正直、ビックリするくらい丁寧に教えてくれました。そのときに教わった事と、補足で調べた事を、二回にわたりまとめてみます。

今回は、基礎知識編です。設定するにも、用語は知っておかなくちゃですね。

1) ローミングって何?
2) パケットって何?
3) どんな時にデータ通信するの?
4) パケット代が発生するときはいつ?
5) Cメール(SMS)って、パケット代が発生するの?


1) ローミングって何?
海外での利用設定の際に、いろんなところで「ローミング」なる言葉が出てきます。これまでは、知ってるフリをしていましたが、改めて調べてみました。

ローミング 【ろーみんぐ】 | コトバンク
携帯電話やインターネット接続などで、ある地域内だけでサービスを提供している事業者が、他の地域の事業者と提携し、利用者が他の地域でも同じ携帯電話やアカウントを使ってサービスを利用できるようにする仕組みです。
…なるほど。 とりあえず、
「ローミング = 海外で、現地の通信会社を利用すること」
と 覚えておきましょう。


2) パケットって何?
パケットなる言葉も、よく使いますよね。インターネットを使うときのアレでしょ?くらいに思っていましたが、これもちゃんと調べてみました。

パケット通信って何? | au
パケットは直訳すると小包のことです。パケット通信では、データを小包のように小分けにしてやりとりします。
…なるほど。 ひとまず、
「パケット = データ通信するときの、データのかたまり」
くらいのイメージでよいのだと思います。au では、1パケット=128バイトとなっているそうです。


3) どんな時にデータ通信するの?
さて、iPhone は、どんなときにデータ通信するのでしょう。意外と落とし穴があります。挙げてみました。

a. ブラウザでいろんなサイトを見る時
b. メールの受送信の時
c. アプリが、データ通信する時

a と b は有名(?)ですが、厄介なのが c。アプリが勝手にデータ通信をする場合があります。
例えば、広告を表示するときも、プッシュ通知を受信するときもデータ通信をしてしまいます(!)。 ニュース系のアプリなど、バックグラウンドでデータを自動更新するものもあります。
[設定]→[モバイルデータ通信]
を見ると、データ通信するアプリがズラリと出てきますが、「え?こいつもそうなの?」と思うものもあるんじゃないでしょうか。
…と いうことで、ここでは、
「アプリもいろいろデータ通信する」
と覚えておきましょう。


4) パケット代が発生するときはいつ?
ワタクシ的には、これが意外とポイントでした。
キャリア(例えば、au)を使ってパケット通信をすると、パケット代が発生します。まあ、当たり前に思いますよね。
逆に言えば、キャリアを使わなければ発生しません。

…つまり、
「キャリアを使ってデータ通信をするとパケット代は発生するけど、Wi-Fi でデータ通信をするときはパケット代が発生しない」
と覚えておきましょう。もちろん、 Wi-Fi を使う際にお金がかかる場合もあります。


5) Cメール(SMS)って、パケット代が発生するの?
メールっぽいくせに、Cメールはデータ回線ではなく、音声回線を利用するので、パケット代は発生しません。しかし、受信はタダですが、送信料が件数ごとに発生します。

SMS(i) | au
文字メッセージをおくる(国際SMS) | au
国際SMS通信料 … 送信 100円/通 (免税)
au 同士は無料になるサービスがありますが、海外への送信はタダではありません。また海外から日本の携帯宛に SMS を送るときも、100円です。けっこうなお値段。
「Cメールは、パケット代は発生しないけど、送信料はかかる。海外へ/海外から は1通100円」
と覚えておきましょう。


以上が、基礎知識編です。けっこう複雑ですよね…。

でも、これらをおぼえておくと、
次回の設定はスイスイできるのでした。

つづきます。


[95] au の iPhone で、 au Wi-Fi は、無料なの?

2014.02.20 (Thu)
au iPhone iOS 7

iOS 7 にアップデートして、一番気に入った機能は、コントロールセンターです。
画面の下から上向かって、指でチョイとナニすると出てくるアレです。ここに、Wi-Fi のスイッチがあることが嬉しかったのです。

コントロールセンター

自宅では Wi-Fi でネット接続してますが、iPhone は、Wi-Fi をオンにしたままだと電池が減るという話を聞いたので、外出のときはマメに Wi-Fi をオフにしていました。

iOS 6 では、Wi-Fi のオンオフは、設定メニューを掘らないと出来ないことがイヤでした。「Android では、ウィジェットでホーム画面でオンオフできるのに、iPhone はなんでこんな面倒なんだよー」と、文句ぶーぶー。
でも、iOS 7になって、コントロールセンターの登場により、オンオフがとても楽チンになりました。

ところが。

不思議なもので、便利になったら、むしろ前よりもズボラになってしまいました。

最近は Wi-Fi をオンにしっぱなしのときもしばしば。電池の減りも、あまり気にならないですし。

そんなズボラニアンになってから、気になり出したことがあります。

それは、けっこうな頻度で、屋外で Wi-Fi が繋がるようになったのです。私が通っている会社は都内にあるのですが、ご飯などで立ち寄るお店で、気付くと Wi-Fi に繋がっているのです。

でも、どこに繋がってるの?

設定を確認してみました。
[設定] → [Wi-Fi]

すると、繋がってたのは「au_Wi-Fi2」ということが分かりました。

au_Wi-Fi2

ご存じの通り、鍵マークの付いてる Wi-Fi への接続にはパスワードを入力しなくてはいけません。

はて?
私は au_Wi-Fi2 のパスワードなんて、入力したことはありませんよ?

「どうして、繋がるの?」

次に浮かんだ疑問は、

「繋がって使えるのはいいけど、
利用料はかかるの?」

最後に浮かんだのは、当然ながらこんな心配です。

「ある日突然 、
高額の請求が来たら、どうしよう?!」

あわてて、明細を確認してみました。
幸い、この au Wi-Fi についての請求は発生していませんでした。

あー、良かった。
…てことは、ロハ(※)なの?
※ロハ【ろは】…漢字の「只(ただ)」を分解して、カタカナ読みした言葉。今や死語。

調べてみました。

なんと、LTEフラットの契約をしてる場合は、国内では au Wi-Fi Spot が 無料で利用できるんだそうです。そして、iPhone 5 では、iOS 7 にアップデートすることで、利用可能になったとのこと。

au Wi-Fi SPOT│au Wi-Fi│au
LTEフラット…国内無料
※auのiPhone 5/iPadをご利用のかたは、iOS7にアップデートいただくことにより、ご利用可能となります。


そして、iOS 7 では接続のための設定も入っているので、パスワード入力がいらなかったようです。

iPhone(iOS6)】au Wi-Fi SPOT(公衆無線LAN)を利用したい
iPhone 5をご利用のお客さま
国内でご利用の場合は設定は不要です。
iPhone4Sをご利用のお客さま
プロファイルをインストールしていただくだけで、すぐにau Wi-Fi SPOTのご利用が可能となります。


知らなかった!そうだったんやー!
ちょっと得した気分です。

ワタクシの場合は、
iOS 7 にアップデートし、
さらに、外でWi-Fi をオフすることをサボるようになったおかげで、
この無料サービスに気付いたのでした。タダなら、使わない手はないですよね。

でも、こういう情報、教えて欲しいなぁ。
au も、変な広告メールを送るなら、こういう情報を送ってくれればいいのに。(実は送っていたのでしたらごめんなさい)
この記事を読んだ方、au iPhone を使っているお友だちがいたら、ぜひ教えてあげてくださいね。

ちなみに、私はいちいち接続先を選択するのが面倒なので、私は [設定] →[Wi-Fi]の「接続を確認」はオフにしています。

Wi-Fiの設定


ズボラになって、
得することも、あるのでした。


[84] au iPhone で表示される 「1x」 て、どんな意味なの?

2013.10.24 (Thu)
au iPhone iOS 7

iOS 7 にアップデートして、けっこう慣れなかったのが、電波状況の表示です。

iOS 6 と iOS 7 の電波状況表示
電波状況が丸の表示になりました。これまでの携帯電話ではなかった表現なので、パッと見、
「えーと、今は、電波あるの? ないの?」
と戸惑う時がありました。最近は、大分なじみましたけど。
キャリアの表示も「KDDI」から「au」に変わりました。

さて、iOS 7 になって、もうひとつ見慣れない記号が登場しました。
それは、「1x」。

1x ってどんな意味?

iPhone を利用していると、ときどき「1x」という表示が出てきます。
「1x」てなあに?

なんとなくではありますが、意味するトコロはわかる気がしました。
iOS 6 では、「パケ詰まりのときに『○』が表示される」と言われていました。「○」が iOS 7 では「1x」に変わったのではないかしらと。
ちなみに、「○」は au でのみ表示されるようです。

「1x」は、どんな意味? どうして出るの?
「1x」は、au の iPhone だけで表示されるのかしら?
そもそも、自分は「パケ詰まり」の意味がいまいちわかっていません。
そこで、調べてみることにしました。

他にも知りたいことがあったので、「au iPhone テクニカルサポート」 に電話してみました。

iPhoneテクニカルサポート│スマートフォン・携帯電話に関するお問い合わせ│au
http://www.au.kddi.com/support/inquiry/mobile/iphone
年中無休
(平日 : 9:00~19:00 / 土・日・祝 : 9:00~17:00)
iPhone、auケータイ、一般電話からフリーコール 0077-7066(無料)

とってもハキハキして、ちょっぴり私にかぶせ気味にしゃべる女性のオペレーターの方が対応してくれました。

「iPhone の『1x(いち・えっくす)』ってどんな意味ですか?」
「はい! 1x(いち・えっくす)は、3G回線より遅い、128bps の回線しか掴めていない時に表示されます。以前の○(まる)と同じ意味です!」

「どういうときに、『1x』になるのでしょ…」
「はい! 電車で移動中のときなど、3G から LTE に切替わるタイミングで「1x」になることがありますが、すぐに回復します。回復しない場合は一度電源を入れなおしてください!」

「『1x』の表示は、au の iPhone だけで出るのですか?」
「……。 えーと、、、。au 以外のキャリアの iPhone については、わかりません!」

オペレーターの方には、ここまで教えていただいて電話を切りました。

なるほど。
・「1x」の読み方は「いち・えっくす」でいいみたい。
・非常に遅い回線しか掴めていないときに表示される。
・それが発生するタイミングは、3G と LTE に切替わるときなど


一気に流れるように答えてくれた様子を察するに、よくある質問なのでしょう。勉強になりました。
後で調べてみたら、「1x」とは、「CDMA2000 1x MC」という通信規格の略だそうです。

[iOS 7] auのiPhoneで表示される「1x」とは? | ruxumu blog
http://ruxumu.net/archives/3765
1x MC・・・音声通話及び低速データ通信用

まとめますと、
・au は、「CDMA2000 1x EV-DO」(高速データ通信用)と「CDMA2000 1x MC」(音声通話及び低速データ通信用)を併用している。
・「CDMA2000 1x MC」しか拾えていないときに「1x」となる。


なるほど! 「パケ詰まり」と呼ばれている時に、具体的に何が起きているのか分かり、スッキリしました。

でも、iOS 7 では、どうして「○」から「1x」に変えたのでしょう。
すこし考えて、ワタクシは、ハタと気づきました!

それは、電波状況の表示を「○」にしたからなのでは?!
だって、「1x」が「○」のままだったら、こんな風になっちゃいますもの。

「1x」 を 「○」 にしてみたら・・

○ だらけで、何がなんだかわからないですよねw。

でも、これはこれで「ちょっとかわいいかも」と思ったのでした。


[10] auスマートパスの、解約方法がわかりません

2013.02.21 (Thu)
au iPhone

iPhone 購入時に、ビックカメラにてなぜか「申しこまされた」 auスマートパス なるサービス(→第3回の記事)。TVCM も流れていますが、なんでこんなサービスがあるのか、謎でした。公式サイトを読んでも、利用することはないと判断し、忘れないうちに早速解約をすることにしました。

ところが…
解約方法が、au のサイトで探しても見つかりません。 auスマートパス のサイトの、一番下にある「会員登録・退会」というリンクをクリックしても、そこから先に案内がありません(2013年2月時点)。
続いて、au のサイト内検索を行ったところ、Q&Aコーナーに説明を発見。

「auスマートパス」の退会方法を教えてほしい。
http://csqa.kddi.com/posts/view/qid/k1202170014

こちらによると、「auスマートパス にログイン後」と書いてあるんですが、そもそもログインしたくない。結局、au のサイトでの探索はあきらめて、グーグルで調べたところ、電話で解約するのが一番手っとり早いということが分かりました。こちらのサイトが参考になりました。

auスマートパスをパケットを発生させずにサクっと退会する方法
http://hyokad.blogspot.jp/2012/03/au.html
0077-7075もしくは0120-174-077に電話(auスマートパス公式ページ)。案内に沿って1を入力、少し待って担当者が電話取る。

サポートの電話番号は、au のサイトの奥深くにもありました。
auスマートパスお問い合わせ窓口
http://www.au.kddi.com/support/inquiry/mobile/service/
au携帯電話、一般電話から
フリーコール 0077-7075(無料)
携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

会社のお昼休みに、さっそく電話。 女性のオペレーターの方がテキパキと対応してくれて、
すぐに解約することができました。確認したところ、私が支払う金額はゼロということでした。
よかった。手続きの最後に、質問をされました。

「差し支えなければ、解約理由を教えてください」
「あ、いや、別に利用したくて申し込んだのではなくて、購入する際に『申し込まないといけない』って言われたので申し込まされたんですよ。」

「え?あ、そうなんですか?」 と、オペレーターのお姉さん。
「ちなみにどうして申し込まないといけないんですか?」と、逆に質問をしたところ、

「そういったことは していないはずなんですが…」と言われてしまいました。
「えー?!そうなんですか?」

変なの。販売店(ビックカメラ)の方針かしら。何かインセンティブもらえる仕組みになっているんでしょう。KDDI側のオペレーターの方に尋ねても仕方なさそうなので、この電話はこれで切りました。

ちょっと釈然としません。
こういうことが、じわじわと印象を悪くするんだけどな…。

それでも、契約時に唯一余計と思っていたサービスが取れたので、
身軽な気分になれたのでした。


[3] iPhone の au のプランはどれにする?

2013.02.13 (Wed)
au iPhone

前回のつづきから。

購入するのは 32GB モデルと決心して、再び au の売り場に戻って店員さんを捕まえました。
さっきの店員さんとは違いましたが、なんだか詳しそうな方でした。

機種変更をお願いして、申し込みカウンターに2人で移動しました。
手続きに20分、機種の設定に30分くらいかかるとのこと。
まあ、そんなもんだろなと覚悟してたんですけど、いったい一日に何人くらい
捌けるのかしら、と思いました。回転があまりよくないビジネスですよね。

店員さんは新品の iPhone5 の箱を持ってきました。
そして目の前で箱のビニールをカッターでピーッと切って、開封。
「傷がついていないか確認してください」
これにはちょっと驚きました。宝石とか買うみたいです。

「こんな確認するんですか?」
「iPhone5 は出荷時に傷ついていること多いので、購入前に確認してもらってるんですよ」

なるほど。。
そんなに神経質ではないのですが、目の前の iPhone を手にシゲシゲと確認しました。
よくわかんないけど、問題なさそうなので、「大丈夫です」と伝えました。
「それでは手続きはじめます」

ここからが大変でした。16GB か 32GB に決めるだけでも散々悩んだのに、
手続きが始まるや否や、店員さんは様々な「選択」を私に尋ねてきます。

「LTE につける通話プランはどれにしますか?」
「留守番サービスは有料になりますが、入りますか?」
「テザリングのオプションはつけますか?」
「保証サービスはつけますか?」
…等など、etc、etc。

優柔不断で慎重派なA型人間に、こんなに多くの選択を
突然決めろと言われても、ツライものがあります。

店員さんもこんな沢山の情報、よく把握してるな…。
一般のお客さんは、こんな複雑なサービス仕様をどれだけ理解して選択してるんだろうか…。
それとも単に自分が勉強不足で臨んだのがいけないのか…。

でも、決めない限りは購入できません。
そもそも、開封されちゃったので、いまさら後には引けません。


以下の方針で、サービスを選定しました。

・よくわかんないオプションは、後で追加すればよい。
・通話のメインは家族。家族割りには入っていたはず。
・仲良しの人との通話は、Skypeなどを使うことにする。
・留守電は、そもそもこれまで使っていなかった。着信記録が残ればよい。
・テザリングは使いたい。
・知り合いで iPhone を割った人が数人いるので、保証は追加する。


そして、悩みつつも、なんとか以下のプランに決めました。
(各サービスにリンクを付けておきます)

【料金プラン】 … LTE。通話オプションなし。
【接続サービス】 … LTE NET
【パケット割引】 … LTEフラット
【オプション】 … テザリングオプションのみ。留守電とかも申し込まない。

安心アクセスサービス】 … 不要なので、申し込まない。
電話きほんパック】 … 申し込まない。
Wi-Fi HOME SPOT】 … 不要なので、申し込まない。

Apple保証(Apple Care+)】 … 加入した。
auスマートパス】 … 申し込まされた。

納得いかないのは、最後の「auスマートパス」なるサービス。

auスマートパス

これは、「申し込み必須」のサービスで、不必要なら あとで解約をしてください、
との説明でした。

「どうして、いらないって言っているのに、申し込まなくてはいけないのですか?」

と質問しても、このときだけは、店員さんは困った様子でした。
きっと、この店員さんに聞いても解決しないんだろうな…。
しょうがない。解約するのを忘れないようにしよう。
それと、テザリングはキャンペーンで 2年間無料とのこと!
でも、その後有料になることを忘れないようにしよう。

店員さんがいろいろ手続きをしている間に、旧携帯から モバイルSuica を解約して、
もらった冊子を参考に au の ID を作ってアドレス帳をコピーしました。

「あとは、30分後に来てくださいね。 あ、今 当店で "baw&g" の iPhoneケースを買うと、
保護フィルムを無料で貼るサービスをしていますよ」

おお、それはいい!
待っている間、ケースを物色することに決めたのでした。


 | HOME |