iPhone に四苦八苦のブログ

iPhone を購入後、踏んでしまった地雷の数々を記録します。

指定期間 の記事一覧

[24] iPhone で、ezweb、プロバイダーメール、Gmail を一括管理するには? その2

2013.03.29 (Fri)
ezweb や、プロバイダーメール、Gmail を一括管理する方法の続きです。前回は、自分のメールの利用状況を振り返ってみました。今回は、どんな設定にするか考えます。
私が参考にさせていただいたサイトは、こちらです。けっこう、沢山。

【au】ガラケー&iPhone所有者はEZメールをGmail運用すべし!!マジで便利すぎて神。【裏技】 : 木村聡子のだらだらぶろぐ

iPhone with KDDIでキャリアメール(ezweb)の送受信履歴もGmailに保存して一元管理 : 一匹狼のひとり遊び

【au iPhone】ezwebメールをGmailに転送してプッシュ通知 : SeasideView's Bar

Gmailで全てのメールアカウントを管理する方法 : G Mania - グーグルの便利な使い方

iPhone5(au)でのメール対応 : 40代エンジニアの日々

これらのサイトの情報を元に、自分のメールの使い方にあった方法を考えました。


[Step.2] メール管理の方針を決定する
私の利用中のメールは、次の5つ。

・ プロバイダーメール。メインのメアド。スパム多数。
・ 携帯メール。知人友人との連絡。
・ Yahooメール。オークションなど。
・ Gmail。ほぼ未使用。
・ 会社メール。

各種メールを集約するには、Gmail を使う…ということは間違いなさそうです。自分の利用方法を振り返って、以下の方針を決めました。

【mor 式 メール管理方針】
1) 会社メールは、iPhone では扱わない。
2) Yahoo のフリーメールも、対象から外す。
3) Gmail にプロバイダーメールと ezweb のメール を集約する。
4) ただし、Gmail のアドレスは使わない。このアドレスでメールの受送信もしなければ、他社サービスのアカウント登録にも使わない。
5) プロバイダーメールは、Gmail で管理する。自宅PCのメーラーでの管理を終了する。
6) iPhone の標準メールアプリは、使い勝手が悪いので、ezweb メールの「ちゃんとした管理」は、あきらめる。それは Gmail 側で行う。


Yahoo のフリーメールは、非公開にしたいアカウント用なので、これまで通りブラウザから使うことで良しとしました。 4) のルールを決めたのは、これは、私がプロバイダーメールをメインと決めているからです。 6) で、「使い勝手が悪い」のは、私が標準メールアプリに詳しくないからなのかもしれませんが、Gmail で集約されているのなら、そっちでやればよいと考えました。


[Step.3] メール管理の仕様を決定する
続いて、「Gmail に集約」する方法を、詳しく考えました。これが、最終的な設定を定める仕様となります。

【mor 式 ezweb / Gmail 連携仕様】
G1) iPhone 宛て(ezweb 宛て)に来たメールは、iPhone と Gmail 両方で受信する。
G2) プロバイダメールは、Gmail に転送して受信する。Gmail のスパムフィルタに期待。iPhone からは Gmail アプリで読む。
G3) iPhone から ezweb メールを送信する時は、Gmail にも控えを送信する。
G4) プロバイダーメールを送るときは、Gmail から送信する。
G5) ezwebメールは、基本的に iPhone から送信するが、Gmail からも送信できるようにしておく。


図にまとめると、こんな感じになります。

メールの仕様:受信



メールの仕様:送信

おお、なんだかスゴイ!
いきなりこんな仕様が頭に浮かんだわけではなくて、試行錯誤の結果の産物です。最初は、G1 ~ G4 までしか設定していませんでした。その後、G5 を追加しました。

メインのメアドを何にするか、あるいはメールを扱う量によっては、この仕様を修正した方がよいと思います。また、「iPhone の標準アプリを使わない」という選択をされる場合は、もう少しシンプルになるでしょう。

ともあれ、この仕様をどんな風に実現したか、次回からご紹介していくのでした。


関連記事

[23] iPhone で、ezweb、プロバイダーメール、Gmail を一括管理するには? その1

2013.03.25 (Mon)
様々なメールをどうしましょう

以前、ガラケーの写真を Dropbox 経由で iPhone に移行し、さらに iPhone で撮った写真も Dropbox にアップロードできるように設定しました。(ガラケーからのデータ移行

続いて私は、メールもなんとかしたいと考えました。
iPhone で受送信したメールをクラウドに置けば、たとえ iPhone をなくしても、あるいは 将来 端末を切り替えるときも 安心。ついでに、スパムだらけで放置気味の自宅のメールも、iPhone から参照したい。

調べると、iPhone で複数のアカウントのメールを管理する方法が、様々なサイトで紹介されていました。しかし、設定がいろいろ難しそうです。そもそも、内容を理解するのも大変。
案の定、試行錯誤を繰り返しました。

今回から数回に渡って、私が実践したメールの管理方法をご紹介します。複数のサイトを参考に、私なりにまとめたやり方です。 同じことを検討されている方のご参考になれば幸いです。



[Step.1] 利用中のメールアドレスと、その用途を書き出してみる

まずは、自分が利用しているメールアドレスを書き出してみることから始めました。そして、それぞれについて、現在の使い方をまとめてみました。

「どうして、こんなことをやるの?」

技術的なこと(設定等)も大切ですが、どのメアドをこれからどんな風に使うか、方針を明確にしておかないと、後々悩むことになるからです。様々な選択肢があるとき、「こういう方針だから」と決めて置けば、スムーズに決断ができます。今回は、その方針を決める為の、現状の洗い出しです。

私が利用しているメールアドレスは、以下の5種類ありました。


その1. プロバイダーメール
自宅で契約している、インターネットプロバイダーのメール。かれこれ10年以上使っています。いろんなサービスのアカウントを作成するときに、最も多く登録しているのがこのアドレスです。ホームページなどに掲載していたせいか、スパムメールが大量に届くので、メール確認が面倒くさくなっています。自宅PCのメーラーでメールを見ることも、少なくなりました。整理しますと、

【用途】 様々なアカウント作成時に登録をしている、メインのメアド。
【連絡相手】 登録したサービスの会社(受信のみ)。友人以外。実家。
【その他】
・メアドは、ホームページ等で公開している。
・スパムメールが大量に届いている。
・自宅PC のメーラーから見ることはあまりない。
・フリーメール(Yahoo)から POP で参照している。


その2. 携帯メール(ezweb)
携帯電話のメールは、家族や友人との連絡に使っています。改めて見直してみると、コミュニケーションで活用しているのはプロバイダメールではなく、携帯メールにいつの間にか移行していました。写メ(今でも言うのかな?この言葉)のやりとりも多い。でも、携帯ゆえに、写真以外のファイルを添付することはありません。

【用途】 連絡。アカウント登録には使っていない。
【連絡相手】 家族、友人
【その他】
・迷惑フィルタを設定しているので、許可したドメインしか受信許可していない。
・添付ファイルは、写真がメイン。


その3. フリーメール(Yahooメール)
オークション用に作ったアカウント。プロバイダーメールを登録したくないサービスを利用するときに利用しています。また、プロバイダーメールを POP で受信して、参照しています。このメアドからメールを送ることは、ほとんどありませんが、ファイル置き場的に使っていて、自宅や携帯、会社から「あとで読もう」と思ったサイトの URL や、ファイルをこのメアドに送ることがあります。このアドレスも利用を始めて10年近いかも。

【用途】 プロバイダーメールを登録したくないサービス。データ置き場。
【連絡相手】 登録したサービスの会社(受信のみ)。自分。
【その他】
・このメアドからメールを送信することはない。
・自分がこのメアド宛にファイルを送ることは多い。
・「外部メール」の機能で、プロバイダーメールを参照している。
・ただし、それで受信したメールは、スパムフィルタリングしてくれない。


その4. フリーメール(Gmail)
Google+ を試したくて、アカウントを作ってみたものの、メールとしては全く利用していませんでした。

【用途】 メールとしては、未使用。
【その他】
・このアドレスから送信することも、受信することも特にしていない。


その5. 会社メール
会社のメールアドレスです。自宅からはブラウザ経由で参照しています。iPhone はプライベート用として購入したので、会社メールに関しては今回は対象外にするつもりです。

【用途】 仕事。
【連絡相手】 職場の人、取引先の人。
【その他】
・外部からはブラウザで参照している。


フリーメールは、Yahoo で複数のアカウントを作っていたり、goo でも作っていたりしたのですが、それらは PWD を思い出すのも大変なので、割愛しました。
このリストを他の人に見せたところ、皆さん だいたい似た感じでした。面白かったのが フリーのメアドの活用方法で、やはり「メインのメアドを登録したくない」ときに利用している人は多いみたいです。

これらのメールをすべて iPhone に集約するわけではありません。
今回リストアップした用途を振り返って、どのメールをどんな風に使うか、「方針」を考えるのでした。


つづきます。
関連記事

[22] iPhone5 の、マイクはどこにあるの?

2013.03.21 (Thu)
iPhone5 で電話をしていたときに、「あれ、声が聞こえにくいよ~」と言われたことが何回かありました。
はて? 何がいけないのか。

また、Skype を使ってテレビ電話を試していたときに、気になることがありました。
はて?どこに向かって話したらよいものか?

そもそも、iPhone5 のマイクの位置を知らないことに気付きました。 通話時のスピーカーの場所は一目瞭然なのですが、マイクはどこ?

ということで、今更ながら調べてみました。
調べてみたら以外な発見。マイクは3つあるとのこと。

基本性能の進化に注目したい『iPhone 5』 | @DIME
http://dime.jp/genre/48500/

1つめのマイクは、背面。カメラと、フラッシュの間の穴が、それです。iPhone5 の CM でも紹介されていたので、私はこの背面マイクだけは知っていました。

2つめのマイクは、前面。この場所については、あまり自信はありませんが、スピーカーのスロットの中に隠されているみたいです。

背面と前面のマイクは、ノイズキャンセル用とのことでした。

iPhone5 のマイクの位置

3つ目のマイクは、底面。イヤホンジャックの右となりの穴穴。通話時に音声を拾うのは、こちらのようです。私は携帯電話は、右手で持って、右耳に当てて使うのですが、そのとき 小指が iPhone5 のマイクに掛かる形で持っていたことに気付きました。
私の声が「聞こえにくい」原因になっていたのは、この持ち方が原因だったみたいです。
ちなみに、電源の差込口の右側の穴穴は、スピーカーです。

マイクの位置。こういう基本的なこと、教えてくれてもいいのになぁ。
iPhone のケースを装着する場合、ケースによってはこれらのマイクを覆っているものもあります。購入時には気をつけましょう。
私が買ったケースは結果オーライでした。

さらに 第4のマイクがあるとのこと。 それは付属のイヤホン。

リモコン部分がマイクになっているんだそうです。
えーーっ!?そうだったんやー!
たしかにマイクの絵が描いてありました!! でも穴が開いていないマイクって不思議ですね。
今度 Skype するときに試してみよっと。

どこを意識してしゃべればよいか、わかることで
大分しゃべりやすくなったのでした。


関連記事

[21] iPhone で、 「unkown error」 と表示されて 購入できません

2013.03.17 (Sun)
Groove Coaster Zero

iPhone5 を買ったら、遊ぶぞ!と決めていたゲームがありました。
TAITO の 「Groove Coaster」 という音ゲーです。
最新版の 「Groove Coaster Zero」は、ゲームは無料で、曲の追加は有料、というシステムになっていました。
ダウンロードして遊んでみたら、とても楽しい&気持ちいい!
ワイヤーフレームの CG は美しく、夢中になって遊んでいました。(最初に遊べる「Music Plot Type Three」は、曲も内容もよく出来ていて、最高の”ツカミ” になっていると思います)

ゲームは、1日一回、「Recommend」として、有料の曲をお試しプレイできます。1曲170円。
まぁ、そんな簡単には買わないよね~…と思っていたのですが、
最初に登場したお試し曲は、Perfume の「ポリリズム」。 この曲、大好きなのです。しかも、ゲームの映像がこれまたよく出来ていて、感動しました。

GROOVE COASTER 「ポリリズム」

「ポリリズム、ポリリズム、ポリリズム、…」のパートを L字 のラインで表現しているのを見たときは(上の写真)、鳥肌が立ってしまいました。電車の中で遊んでいたのですが、大興奮。
「これは買いだ!」
さっそくSHOPボタンを押してしまいました。 TAITO さんの思うツボですね。

…ところが。
購入確認のため AppleID を入力したあと、「unkown error」と表示されて、購入できません。
なんじゃそりゃ。お前が「unknown」 と言ってどうする!
家に帰ってから、何回か試しましたが、ダメ。購入できません。

お金出して買いたい、ってお客を 「よくわかんないエラー」で突っぱねるとは、どういうリョウケンなんでしょう。
一度、Groove Coaster を削除して、再インストールしてみました。でも、同じ結果。
AppleIDのパスワードを変更してみることも試しました。それでもダメ。
170円の曲を買うのに、すでに1時間以上消費しています。

普通の人なら、諦めて買わないと思います。それでも色々試す私はなんて優しい客なのでしょう。
それとも単に、私がドM で iPhone が ドS なのか。

とは言え、もう策が尽きた。最後に、あの運用ルールを試してみました。

・アプリの挙動が怪しいと思ったら、アプリを終了させた方が良い。
第18回の記事

ホームボタンをダブルクリックして、画面下に出てくるアイコンを長押しして Groove Coaster と App Store を完全に終了しました。

その後、再度チャレンジしたら、無事に購入することができました!!

ヤターー!! ヤッタ! ヤタヨー!!!
…でも、疲れ果てたので、ゲームは遊ばずにその日は寝たのでした。


後日、調べたら私と同様のトラブルにあった方の記事をネットで見つけました。
アプリ側ではなく、App Store 側が原因なのかもしれません。

App Store へログインできない「unknown error」/iPhone
http://ashiato1.blog62.fc2.com/blog-entry-76.html

こちらを読むと、私の解決方法とは異なります。
また同じエラーが出たときに検証してみます(出たらイヤですが)。
しかし、サービスを提供する側が、「unknown」と言うのだけはやめていただきたいなぁ。

Groove Coaster はその後 順調で、たくさん遊んでいます。
京王線某駅の階段にて
駅の階段の手摺りを見ても、ゲーム画面に見えてしまうくらいに楽しんでいるのでした。
関連記事

[20] iPhone の、ソフトウェアキーボードがイマイチです

2013.03.14 (Thu)
前回、Siri を封印することで、キーボードから邪魔な音声入力ボタンを排除しました。
快適になったと思いきや、別のことが気になりました。

地球マークの、「言語切替」ボタン、私はけっこう頻繁に押します。
しかし、このボタンの位置や大きさが、各キーボードでビミョーに違います。

各キーボードの「言語切替」ボタン

キーボードを次から次へと切り替えるときに、「言語切替」ボタンの場所を確認して指の位置を微妙に変えないといけません。同じ場所にあれば なにも気にせず連打できるのに、右、左、あれどこ?と毎回タップする場所に気をつける必要があります。

「なんのこっちゃ、それだけのこと?」
と思われる人もいるかもしれません。でも、この程度の操作のときに、ほんのわずかであっても「気を使わなくてはならない」のは、大きなストレスです。
これは、改善して欲しいなぁ。

ついでに言うなら、カーソルを左に移動するキーも欲しい。
これがあるだけで、android の方が使いやすいと思いましたから。

今回の話題は、解決にまで至りません。ですが、それでも少し足掻いてみました。


その1:ローマ字入力キーボードを OFF

あまり使わない日本語のローマ字入力をオフにします。
ローマ字入力のキーボードの最大の欠点は、英語キーボードと区別がつきにくい所だと思います。

[設定] → [一般] → [キーボード] → [キーボード]

iPhone5 の解説本を見て、なるほど!と思ったのですが、あまり使わないキーボードをOFFにすることは、「バッテリの消耗を抑える」効果もあるという考え方。キーボードの切替ローテーションから、使わないものを外せば、ホンのわずかですが文字入力時間の節約になり、結果としてONにしている時間も短くなるからだそうです。
果たしていったいどれだけの効果があるのかは疑問ですが、こういうミニマリズム思考は好き。


その2:キーボードの表示順番を工夫する

地球キーを押すとき、

[日本語]→[英語]→[絵文字]
の順番だと、 言語切替ボタンの位置が 左→右→左 となります。

[日本語]→[絵文字]→[英語]
にすれば、左→左→右 となるので、少しはストレスが減るかもと思い、この設定に変更しました。絵文字は「日本語の一種」というイメージがあるので、この並びの方がしっくり来そうです。

ワタクシのキーボード設定


絵文字を使う頻度が少ない場合はかえってストレスになる?
いや、左→左 と 連打で英語に切り替えれるから、そんなことはない?
…と、悩みながら検証中です。個人差はあるかもしれませんが、私はしばらく使ってみて
この設定がベストかな、と思い始めました。


とはいえ、まだまだ妥協の範疇。満足などしていません。
キーボードはもっとも良く使う機能のひとつなので、改良を願うのでした。


関連記事

[19] iPhone で、Siri が誤爆します

2013.03.12 (Tue)
別れ言葉を自ら求める

CM とかでも話題となった、iOS に搭載されている音声認識ソフト Siri 。 正直、あまり興味がないのです。iPhone をメインで使うのは、家の外にいるときですし。 外で Siri を使うことがイマイチ想像できません。

以前、iPhone5 の書籍を探すときに、「標準搭載の地図アプリを推奨している本は信用ならねえ」という基準を設けていました。私が購入した本はちゃんと(?) 「Googleマップを使いましょう」と紹介してあったのですが、この本のエライところは、以下の事もちゃんと書いてました。

「Siri は、まだ実用性が高くない」

ということで、私は Siri を使わない。使わなきゃいいよね。と思ってました。

ところが。
使わなくても邪魔なのです。この Siri ってやつが。キーボードに Siri の起動ボタン(音声入力ボタン)があり、しかもそれが頻繁につかうキーの隣にあるのです。

Siri のキーが邪魔!
日本語キーボードでは、「言語切替キー」のとなり。そのせいか、「言語切替キー」の幅が狭!
英語キーボードでも「言語切替キー」の隣にありますが、印象としては「space」バーの隣。

特に 日本語キーボードで、意図せず Siri ボタンに触れてしまい、音声入力が起動することが頻繁に発生しました。しかも、最悪なことに、キータッチのサウンドをOFFにしてようが、Siri が起動すると「ポン」と音がなってしまう。これは恥ずい。電車の中で、Siri に恥かかされたことも数回。

この位置にキーを置くセンスがおかしい。なんだか、無理やり使わせようとしていませんか?
あまりに腹がたったので、Siriを OFFにしました。
ちなみに Siri に直接お願いしても、謝られるだけで消えてくれませんした w。

消えてください

Siri のOFFの仕方は、

[設定] → [一般] → [Siri] → オフ

ちなみに、ONにするときの画面を見てびっくり。こんな表示が出てきました。

OFFにするときのアラート

え~、そんな情報を送ってたの? 調べてみるとこんな注意が。

音声認識を利用する際に知っておきたい注意点
http://www.8089.co.jp/onsei-ninshiki/115

なんだか、ますます使うのが億劫になりますね。。
また、Siri の設定に関して注意を促しているページがありました。デフォルトの設定だと、パスコードロックをかけていても、ロック画面から Siri を起動して個人情報を聞き出せてしまうそうな。「…バッカじゃないの?!」 と呆れて笑ってしまいました。

要注意!iPhoneのSiriをロック画面でも使えるようにしておくのは危ないという話
http://www.danshihack.com/2013/01/12/junp/iphone-siri-security.html

OFFしたキーボードは、こうなりました。

Siri のキーが消えてスッキリ!
「言語切替」キーや「space」バーが大きくなって、スッキリ! ^_^

…と思いきや。
今度は別のことが気になりだしたのでした。


つづきます。
関連記事

[18] iPhone に、タスクキラーは必要ないの?

2013.03.07 (Thu)
iOS 6 iOS 7

android の タスクキラー

私が仕事で使っていた Android 携帯で、バッテリをもたせるために良く使っていたのが、タスクキラーというアプリ。バックグラウンドで動いているアプリを終了してくれるものでした。これを使わないと、Android ではバッテリーの減りが、とてもハゲしかったのです。
iPhone にもタスクキラーみたいなアプリはあるのかしら? 使ったほうがいいのかしら? と疑問に思いました。

iPhone で、ホームボタンをダブルクリックすると、
iOS 6 以前だと、それまで起動したアプリのアイコンが画面の下部にズラリと出てきます。
iOS 7 では、それまで起動したアプリのアイコンと、画面のサムネイルがズラリと出てきます。
私は、これらは全て「バックグラウンドで動いているアプリ」だと思っていました。

iOS 6 以前では、このアイコンを長押しすると、ぷるぷる震えて「-」マークが出てきます。
「-」をタップすると、アプリは終了します。

iOS 6 以前では、ホームボタンダブルクリック&アイコン長押しでぷるぷる

iOS 7 では、画面のサムネイルを上にスワイプすると、アプリは終了します。

iOS 7 では、画面のサムネイルを上にスワイプ


この、ダブルタップでズラリと出てくるアプリ達は、何を示すのか、人によって意見は様々です。
知り合いに聞くと、「えー、これまで使ったアプリのリストでしょ?」という意見が多数。
「バックグラウンドで起動中のアプリ」と解釈している人は、あまりいませんでした。
中にはダブルクリックすること自体を知らない人もいました。

起動中のアプリだとしたら、これらをチマチマと終了しないと、バッテリーの減りがハゲしくなるのでしょうか。
ネットで調べると、「iOS は Android と違うので、いちいち終了しなくても大丈夫」 という意見もありました。

「ズラリと出てくるアイコン」が、はたして起動中のアプリか否か確認するために、
簡単な実験してみることにしました。

1) いくつかアプリを操作したあとで、ホームボタンをダブルクリックする。
2) これまで操作したアプリが並んでいることを確認する。
3) 電源を落とす。
4) 再び電源を入れる。
5) この「まっさらな状態で」ホームボタンをダブルクリックしてみる。

すると、1) で表示されていたアプリと同じものが並びました。これで分かったことは、ホームボタンダブルクリックで出てくるアプリ達は、「起動中のアプリ」ではなさそうです。


…ここまで読んでいても「なんのこっちゃ」と思われる方も多いでしょう。
こんな感じに、はてしなく疑問と実験を繰り返してしまいそうな私に、明確な回答を教えてくれたページはこちらです。

「アプリの10分制限」を理解してiPhoneのバッテリーと上手に付き合う
http://iwire.jp/news/2012/03/02/001/index.html

今更聞けない、iOSのマルチタスクの仕組みについて解説しておく
http://gori.me/iphone/12808

アプリには以下の5種類の状態があって、終了すると10分後には自動的に Suspended になっている、ということでした。

a) Not Running
起動していない状態。
バッテリ消費なし。

b) Active
起動中。前面に表示された状態。
バッテリ消費あり。

c) Background
前面に表示されていないが動作中。
10分後にはSuspendへ移行する。(「オーディオ」と「VoIP(音声通話)」、「位置情報」の機能を持つアプリを除く)
バッテリ消費あり。

d) Suspended
メモリは確保されているのですぐ起動できる。
バッテリ消費なし。

e) Inactive
前面に表示されているが動作していない状態(ロック中など)
バッテリ消費なし。

整理すると、こういうことになります。

・ホームボタンをダブルクリックして表示されるアプリは、上記 a ~ e のどれかの状態。
・10分後に自動的に 「Suspended」 になるから、いちいち終了しなくて構わない。
・ただし、音楽系、Skype などの音声通話系、位置情報を使うアプリ(Google Maps 等)は 終了した方がよい。


なるほど! なんだかスッキリしました。
この運用ルールで使っていますが、「重い」だの「バッテリー消費がハゲしい」と感じたことは、現在のところありません。どのアプリが位置情報を取得しているかは、[設定] → [プライバシー] → [位置情報サービス] から確認できます。

ただし、もうひとつ運用ルールを追加しています。

・アプリの挙動が怪しいと思ったら、アプリを終了させた方が良い。

最後のルールは、かな~り重要で、どうしてこれに至ったかは今後紹介します。

今回の調査で、iOS にちょっと詳しくなった気がしたのでした。


関連記事

[17] iPhone で、解像度が低い写真は撮れないの?

2013.03.06 (Wed)
OneCam

昔の携帯電話で撮った写真も見れるようになったし、今度は、iPhone でいろいろ写真を撮るぞ、と張り切った私。今回はそのときに つまづいたお話です。

私が携帯電話で写真を撮るときは、「気が向いたとき」です。
道端で花を見かけたとき。あるいはキレイな雲に気付いたとき。
外食でごはんが出てきて「お!うまそう!」と思ったとき。
家のネコがかわいい格好で寝ているとき。
こんな風に、写真を撮る「キッカケ」となるのは、気持ちに従って気が向くままなのです。
過去の写真を見ていて、圧倒的に多かった写真は、桜の花とネコの写真でした。

何が言いたいかというと、携帯で写真を撮るときは、気ままにパシャシャ撮っていて、その写真を「プリントしたい」とまでは思わないのです。 「しょせん携帯電話の写真だから」と割り切っていたのもあるんですが、携帯で見て思い出すキッカケになれば十分と思っています。そのかわり、沢山撮りたい。

iPhone5 で写真を撮ると、解像度は8メガ、 3264×2448 ピクセル。 それはそれで素晴らしいんですが、お昼ごはんの写真や 新宿ベルク(マイブーム)のホットドッグの写真を撮るのにそんな解像度はいらないし、そもそも、そんなデカイ写真を Twitter に投稿するわけにもいかない。

…ところが、
ぜんぜん分かんなかったんです。 iPhoneで、どうやれば解像度が低い写真を取れるのか。
どこかにその設定があるかと思いきや、見つかりません。
結論としては、その機能は「ない」んだそうです。

そんなバカな。けっこう驚きです。それってどういうリョウケンなんでしょう(?!)。
こんな「他の携帯電話で付いてて当たり前な機能」が、ないことが、不思議です。

では、解像度が低い写真を撮りたい場合は、「それができるカメラアプリをダウンロード」する
しかないのでそうです。

う~ん、、
だんだん面倒くさくなってしまった私は、先日購入した書籍に紹介されていた OneCam というアプリを使うことにしました。有料でしたが、探す時間がもったいないので。

OneCam (iTunes App Store)
https://itunes.apple.com/jp/app/onecam-jing-yin-lian-xie-jiotagu/id422845617

AppleWalker (アプリ制作者の方のページ)
http://applewalker.blog8.fc2.com/

iPhone 超定番カメラアプリ「OneCam」をやっぱりおすすめしたい3つの理由
http://thikasa.net/20121206/onecam/

解像度を選べるだけでなく、シャッター音が消せるという機能も付いています。
「こんな機能、逆にいけないんじゃないの?!」と思ったのですが、実際にランチのときにお店で写真を撮ったとき、無音の便利さに気付きました。
程よいサイズの写真(640×480)も撮れますし、使いやすい。
「携帯電話で写真を撮る」という感覚そのままを体感できるアプリで気に入っています。
メインで使うのは、標準ではなくこちらのカメラになっています。

評判がよいアプリというのは、けっこう鉄板なんだなと思ったのでした。


関連記事

[まとめ] 昔の携帯電話で撮った写真を、iPhone で見れるようにするには?

2013.03.03 (Sun)
アクセスログを見たところ、「ガラケー 写真 iPhone 移行」で検索して、当ブログを参照されている方が多いことが分かりました。簡単ではありますが、このカテゴリーの記事のまとめを作りました。iPhone 5s や iPhone 5c をきっかけに、ガラケーから乗り換えた方はぜひお試しください。


「ガラケーの写真や動画を、 iPhone に移行できますか?」
できます。ただし、少し手間が掛かります。PC の知識も少し必要です。当ブログでは、au のガラケーのデータ(主に、写真と動画)を、 iPhone5 に移行する方法をご紹介しています。 docomo や SoftBank のガラケーや、デジカメのデータを移行したいときも応用できる方法だと思います。必要とされる PC の知識は、「拡張子とは何か知っている」「フリーソフトをインストールして使ったことがある」程度です。


[用意するもの]
1) SDカード
ガラケーに内蔵されている場合が多いと思います。私はそれを利用しました。

2) USBカードリーダー
SDカード を PC で読み取るためのリーダーです。コンビニでも販売しています。

3) パソコン
私は Windows PC で作業しました。Mac でも作業できると思いますが、4) に該当するソフトが必要です。

4) Flexible Renamer
複数のファイルを、まとめてリネームする無料ソフトです(リネームとは、ファイル名を付け替えることです)。使い方につきましては、ソフトのヘルプを参照してください。また、実際に作業を実行する前に、他のファイルで色々実験を行ってみることをオススメします。

5) バイナリエディタ(BZ など)
このソフトは必須ではありません。画像ファイルの撮影日情報を調べるときに、使える場合があります。


[作業の流れ]
移行作業は、以下の方法で行います。各作業は、()内のリンク記事を参照してください。
携帯からiPhoneへのデータ移行

[Step.1]
携帯電話のデータを SDカード 経由で、PC にコピーします。 (その1

[Step.2]
PC で、コピーしたデータの整理をします。ファイル名も修正します。 (その2

[Step.3]
整理したファイルを、Dropbox にアップロードします。iPhone からは、Dropboxアプリ で写真を参照します。 (その5

これらの作業で、もっとも面倒なのが、Step.2 です。
携帯電話のファイルを SDカード にコピーすると、様々なフォルダに分散して保存されてしまいます。また、ファイル名が「GRP_2355.JPG」というような名称になってしまうため、ファイル名を見ても、写真の撮影日がわかりません。さらに、場合によっては重複したファイル名が付けられている場合もあります。そこで、以下の5つの作業を行います。

[2-1] ファイルを拡張子で検索して、種類別に、仕分けする。
.JPG(写真)、.3GP(動画)など、拡張子で検索して、種類別にフォルダにまとめます。名前が重複しているものは、別の名前にするか、サブフォルダに分けて、上書きしないよう注意します。 (その3

[2-2] ツール(Flexible Renamer)を使って、ファイル名を「更新日時」にする。
写真で最も重要な情報は、撮影日です。でも、PC にコピーしたファイルの名前は、撮影日になっていませんし、順番もデタラメです。そのため、ツールを使って、各ファイルの「更新日時」をファイル名にしてしまいます(例:2007_02_04_12-32-21.JPG)。
「更新日時」は、イコール撮影日時と考えて構いません。ただし、例外もあります。 (その3

[2-3] 同じ名前になってしまったファイルの名前を修正する。
[2-2] の作業を行うと、重複した名前のファイルができる場合があります。それらのファイルは恐らく他の人からメールで受信した写真で、これが先ほど「例外」と称したものになります。
JPEGファイル に埋め込まれている Exif (イグジフ)内の撮影日時情報を参照し、それをファイル名にします。Flexible Renamer の使い方としては、複雑になりますので、[2-3]の作業は行わないという選択もアリです。(その4

[2-4] 撮影日時情報が不明なものは、バイナリエディタを使って調べ、それをファイル名にする。
Exif 情報がない場合、バイナリエディタを使って撮影日時が調査できる場合があります。日付が判明したら、手動でファイル名を修正します。撮影日時にこだわる場合はここまでやるとよいでしょう。この作業も、必ずしも行う必要はありません。 (その4

[2-5] 撮影機種から送信者を推測し、仕分けする。
これまでの作業で、撮影日情報を付けることが出来ましたので、続いて誰が撮影したファイルかを調査します。Windows のファイル表示オプションで、写真を撮影した機種を表示することができます。この情報を元に、誰が撮影した写真だったのかを調べて、仕分けをします。 (その4

なお、「撮影日時も順番も、ファイル名も気にしない」のであれば、[2-1]の作業だけでOKです。
また、Step.3 で、Dropbox ではなく iCloud を利用するのもよいと思います。私が Dropbox を選択したのは、将来 Android に乗り換える可能性もあるかもしれない、と考えたからでした。

移行作業は手間が掛かりますが、思い出の写真を iPhone でいつでも見れるようになると、とっても嬉しいはずです。ぜひチャレンジしてみてください!

以上、ガラケーの写真を iPhone に移動する手順の、まとめなのでした。


関連記事

[16] 昔の携帯電話で撮った写真を、iPhone で見れるようにするには? その5

2013.03.02 (Sat)
Dropbox

昔の携帯電話で撮った写真やムービーを iPhone に移行する方法のご紹介、いよいよ最終回です。前回、PC に移行したデータを、なんとか整理するところまで完了しました。今回は、それを Dropbox を使って iPhone に移します。

これまでの記事はこちら
その1 : 携帯電話のファイルを、SDカード 経由で PC に移動。
その2 : ところがファイル名もフォルダ構造もデタラメだった。
その3 : ツールを使ってファイル名を「更新日時」に変更。
その4 : 撮影日時の修正や、撮影者の特定をした。


[Step.3] データを Dropbox 経由で iPhone にダウンロードする

iPhone にデータを持っていく手段として、Dropbox を使うことにしました。
理由は、知人からのオススメされたことと、ページのデザインが可愛らしいこと (これ意外と、ポイント高いです)、 さらに iPhone で撮影した写真やムービーを、Wi-Fi 接続時にアップロードしてくれる機能があることです。

私がこれまで使用した携帯電話の全ての写真や動画に加えて、これから iPhone で撮影する写真もすべて Dropbox に集約されるようにしようと考えたのでした。まさに、モバイル写真のクラウドアーカイプ! 最悪、iPhone を落としても大丈夫になります!これは素晴らしい!
その昔、携帯電話をタクシーに置き忘れたことがあって、そのときの焦燥感と絶望感ってすごく辛かったんです。幸い、無事見つかったのですが、以来「落としたらおしまい」という状況は避けたいと願っていたのでした。
Dropbox の使い方は、こちら。

Dropbox ガイドツアー
https://www.dropbox.com/tour

Dropbox 使い方解説一覧
http://dekiru.impress.co.jp/contents/062/

PC にてアカウントを作り、Dropbox をインストールしました。 そして iPhone 側ではアプリをダウンロードしました。

PC から Dropbox フォルダに au 携帯と PHS から抽出したデータを全部入れて、アップロード開始。
ファイル数は、3,400 くらい。でも、データサイズの合計は、700MBくらいでした。昔の携帯電話の写真は 解像度が低いので、ファイルサイズも小さいのですね。

アップロード完了後、iPhone にて Dropbox のアプリを開いてフォルダを覗くと…
PC にてアップした写真をすべて見ることができるようになりました。

Dropbox 2007年5月 フォルダー

2005年のネコの写真も、
ねここねこ2005

2007年のネコの写真も、
ねこねこ2007

2010年のネコの写真も、
ねこねこ2010

すべて iPhone で見ることができるようになりました!
動画に関しては、3GP形式 のものは再生できました。3G2形式 のものは再生できなかったのですが、1ファイルだけだったので今後の課題とします。

PHS の画面解像度が 120×160
W32H は 240×320
W61CA は 240×400
iPhone5 は 640×1,136

技術の進化はすごいですね。
昔の写真の画像は、今見るととても解像度が低いのですが、
それでも 色々なことが思い出されて解像度以上の感動があります。


以上で、旧携帯電話からのデータ移行作業は完了です。
何かと大変でしたが、懐かしい写真を見ると「やってよかった」と思ったのでした。


関連記事
 | HOME |