iPhone に四苦八苦のブログ

iPhone を購入後、踏んでしまった地雷の数々を記録します。

指定期間 の記事一覧

[33] au iPhone で 2ちゃんねる に書込みができません

2013.04.30 (Tue)
BB2C

最近は、2ちゃんねる のまとめサイトが流行っています。以前、誰かから聞いた話によると、「もう若い子は、2ch は まとめしか読まない」 「若い人は、2ch 本家を見ることもしないし、そもそも見方もわからない」なんだそうです。

「ホントかな~」とは思いましたが、まあ、たしかに、PC のブラウザで 2ch を見ると、スレッドを探して読むのも大変ですし、読み方に「慣れ」は必要。
かく言う私も、PCではここ数年、 2ch を見ることはありませんでした。

ところが。
iPhone の定番アプリを色々調べていたときに、2ちゃんねる専用ブラウザというものがあることを知りました。そして、無料の「BB2C」なるアプリ をダウンロードしてみたのです。

このアプリが私的には、けっこう「面白い!」 ツボにハマったアプリでした。

何が面白いかというと、このブラウザには自動スクロール機能があるんです。
画面下の「再生」ボタンをタップすると、自動的にゆっくりとスクロールをしてくれます。
まるで、映画のスタッフロールみたいに画面が流れて、手放しでスレッドが読めるのです。
これ!他のブラウザでも欲しくないですか、この機能!

画面に触れずにスクロールしてくれるので、テーブルの上に iPhone を置いたままでも読むことができます。
マクドナルドで右手でポテトをつまみ、左手でバーガーを持って食べながらでも、画面を汚すことなく記事を読めるのは感動モノでした。(さっそく試しました)

自動スクロール中でも、画面に触れれば手動でスクロールすることができます。流れすぎたら、指でチョチョイと戻せるのです。そして、何もしなければまた自動スクロールが再開するという芸の細かさ。

このアプリがすっかり面白くて、また、最近 PS4 や XBOX720 、はたまた FSS などのニュースも気になるので、数年ぶりに、2ch を見る子になってしまいました。


さてさて。
私は、2ch を 基本は読むだけですが、先日、ちょっと思うことがありまして、投稿をしました。

でも、投稿できないんです。 BB2C で投稿したら、こんなエラーが。
BB2C の投稿エラー画面

それならば、ということで Safari を使ってみたものの、やはりエラー画面。
Safari の投稿エラー画面

最初は、また iPhone のせいかと思ったのですが、調べてみると、au からは2ちゃんねるに書込みができない規制が掛かっているらしい、ってことがわかりました。iPhone でも、Android でもダメ。(2013年4月時点)

これって、どっちが規制しているのかしら。au が「2ch に書きこんじゃダメ」としているのか、2ちゃんが「au の人は書きこんじゃダメ」としているのか。
au の 質問サイト au Q&A プラス で「2ちゃんねる」で検索すると、さまざまな回答が見つかります。「ダメ」としているのは 2ch 側のようですが、実際は よくわかりませんでした。

2ちゃんねる掲示板にもう半年書きこめないのですが、 auからはもう二度と書き込めないのでしょうか?(au Q&A プラス)

2ちゃんねるに書き込めません。 iPhone5、アプリはBB2Cを使用。(au Q&A プラス)

au の回線を使わずに、 自宅で Wi-Fi 接続に切り替えてみたら、投稿できました。
2ch に投稿したのは、6,7年振りくらいだったので、私自身はそんなに不便とは感じませんが、マメに投稿する人にとってはけっこう不便ですね…。Wi-Fi 環境以外では投稿できないのですから。

もっとも 私も、原因が「アクセス規制」ということを突き止めるのに、時間を消費してしまいましたので、迷惑を受けたと言えば、受けたクチです。せめてもう少し理由を書いて欲しかったです。

au では 2ちゃんねる に書込みができない。

これは、頭に入れておくことにします。
App Store が 2ch ブラウザを載せなくするかも、というニュースもありますので、自動スクロールをお試ししたい方は急いで落とした方がよいかも。

自動スクロールは、2ちゃんねるに興味がある人にも、
興味がない人にも受けるので、飲み会ネタとしては強力なのでした。


※補足(2003/05/14)
プロバイダーによっても、規制が掛かっている場合があることがわかりました。
私が Wi-Fi 環境で投稿できたのは、私が利用しているプロバイダーでは規制がなかったからでした。利用しているプロバイダーによっては、Wi-Fi 経由でも投稿できない場合があります。


関連記事

[32] オートチャージSuica がチャージされません

2013.04.26 (Fri)
モバイルSuica 使いたいなぁ…
ガラケーから iPhone に乗り換えるときに、私にとって最大の障壁となったことが、iPhone にはお財布ケータイの機能がないことでした。iPhone では、モバイルSuica が使えません。
モバイルSuica は、とても重要な機能でした。うっかり財布を忘れてしまったときに、何度助けられたことか。また、私は Suica ペンギン(スイッピ)の大ファンでもあるので、チャージ中のくるくる回るペンギンにココロが癒されていたのでした。

iPhone5 に乗り換える際、モバイルSuica の代替として、オートチャージSuica カードを作りました。年会費などのメリットから、ビックカメラ Suica カードを選択。申し込み時に、オートチャージの設定をしました。カードを受取るとき、お姉さんが「オートチャージは設定済みです!」と言って渡してくれました。

なのに。

駅のホームにて、さっそくジュースでも買おうと思って自販機で 「ピッ!」としたら、残額が0円で買えませんでした。あら。オートチャージの機能が設定されていなかったのかしら。
JR のサイトを調べたところ、設定は、駅の ATM 「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)で行えるとのこと。

駅のATM「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)
http://www.jreast.co.jp/card/guide/atm/index.html

「VIEW ALTTE」でのオートチャージ設定・変更・停止など
http://www.jreast.co.jp/card/function/autocharge/altte.html

ところが、新宿駅のATMで設定を確認しても、ちゃんと設定はされていました。なぜ、自分のカードはチャージされないのでしょう。
…私は根本的なところを、勘違いしていたようです。同じくJRの「よくある質問」のページにこんな説明がありました。

よくあるご質問 > オートチャージ
http://www.jreast.co.jp/mobilesuica/faq/auto_chrg.html

Q. SF(電子マネー)でのお買い物時のタッチでもオートチャージできますか?
A. オートチャージは、お買い物の際のタッチではご利用できません。首都圏Suica・PASMOエリア、新潟・仙台エリアの自動改札機を入場する際にご利用いただけます。

えー!そうだったの?!
オートチャージSuica は、自動改札機を通さないと、チャージされなかったのでした。
お店や自販機の「ピッ!」ではダメだったのです…。

これは、ちょっと思惑と違っていました。
買い物目的で、Suica を使おうと思ったとき、お金が足りなかったときはどうしたらよいのでしょう。
いや、改札を通ればいいんでしょうけど、電車に乗りたい訳ではないじゃないですか。
そして私は、通勤ルートでJRを使っていないのです。

モバイルSuica なら、どこでもチャージできたのにな~。
実際、本屋さんでレジでお金が足りなくて、その場でチャージさせてもらったこともあったのです。
オートチャージSuica では、そんなこともできません。

「オートチャージSuica」は「モバイルSuica」の完全な代替には、ならないことが今更ながら分かりました。通勤ではJR以外を使っているので、「オートチャージPASMO」の方が、良かったのかもしれません。カードの作成を検討されている方、ご注意ください。

とりあえず、チャージ金額を調整しつつ、使い勝手を検証しています。

荒技ですが、「オートチャージだけを目的に改札を通り、駅員さんにお願いして、入場キャンセルしてもらう」、という方法も思いつきました。実際、試しました(駅員さんごめんさい)。本当に困ったときだけ、この手を使います。

でも、、
やっぱりお財布ケータイの機能は欲しいよね、と思ったのでした。


※補足(2003/05/23)
これに関して、別のチョイ技を発見しました。こちらの記事をご覧ください。
[42] オートチャージSuica がチャージされません、のつづき


関連記事

[31] iPhone 本体の角は、なぜ丸いの?

2013.04.23 (Tue)
私が iPhone を購入した理由で、もっとも大きな要因は「デザイン」でした。今回は、そのデザインについてのお話です。

「デザインが良い」と言っても、最近の Android 携帯も負けていませんよね。 しかし、iPhone には、 他のスマホには絶対に真似が出来ない、とんでもないデザインの秘密があることに気が付きました。

「iPhone 本体の角は、なぜ丸いの?」
― それは、アプリのアイコンの角も丸いからなのでした。

「なんのこっちゃ?!」
と、思われるかもしれませんが、あながち嘘ではありません。
ちょっと実験をしてみました。

まず、アプリのアイコンの画像を用意しました。
アプリのアイコン

つづいて、iPhone5 の写真を用意しました。
iPhone5 の写真

Photoshop を使って、大きさを揃えて…
大きさを揃えます。


そして、重ねてみます。
重ねてびっくり!


「!!!!!」

なんと、iPhone 本体の角の丸みは、アプリのアイコンの相似形になっているのです!!
これ、前からそうなんじゃないかな~と思っていたんですが、実際に Photoshop で試してピタリと一致したとき、思わず

「おお~~~!」

と声を上げてしまいました。

ハードウェアの形と、ソフトウェアの形を合わせているってスゴイ発想だと思います。
両方を作って管理している会社じゃないと、不可能ですね。
こういうデザインの一貫性は、説明をしなくとも「良さ」として、人間には伝わるのだと思います。


ちなみに、もう一つ、小ネタ。
MacBook Air のキーボード下のくぼみにも、 iPhone がピタリとはまります。
MacBook Air も…

こんなところも統一されているとは驚きです。
お試しアレ。

細部に渡って統一されたデザインは素晴らしいと思いますが、
「縛り」としては、かなりキツイ制約です。
今後の iPhone のデザインが、この方針をどこまで継承するか興味深いのでした。

関連記事

[30] iPhone で、ezweb、プロバイダーメール、Gmail を一括管理するには? その8

2013.04.22 (Mon)
Gmail を使って、ezwebメール、プロバイダーメールを一括管理してしまおうという作戦、ややこしい設定は、前回までで、ようやく完了しました。
最後に、これまでの設定を活かせるよう Gmail の設定を調整して、アプリを iPhone にインストールします。

[その1] 自分の利用しているメールをリストアップ。
[その2] メール管理の方針と、仕様を作成。5種の設定(G1~G5)を計画。
[その3] iPhone 宛てのメール(ezwebメール)を、Gmail に転送する設定(G1)
[その4] プロバイダーメールを、Gmail に転送して受信する設定(G2)
[その5] ezweb の送信メールを、Gmail にも送信する設定(G3)
[その6] プロバイダーメールを、Gmail から送信する設定(G4)
[その7] ezwebメールを、Gmail から送信する設定 (G5)
[その8] Gmail の設定と、Gmail アプリのインストール ← 今回はコレ!


今回の設定をするまで、自分は Gmail をほとんど使ったことはありませんでした。イメージ先行で、「他のフリーメールと大差ないんじゃないの?」と考えていました。
しかし、Gmail の「設計思想」が理解出来たとたんに、すごく便利と思うようになり、今ではメーラーを Gmail 以外は考えられなくなりました。

Gmail の設計思想について、私が「なるほど!」と思ったサイトはこちらです。

Gmailで全てのメールアカウントを管理する方法2:ラベル・フィルター・複数アカウント・バックアップ編 | G Mania - グーグルの便利な使い方

まとめますと、

・Gmail では、基本的に削除しなくてよい。
・受信トレイでメールの内容を確認したら、どんどん「アーカイブ」に投げ込めばよい。
・Gmail は、検索機能が強力なのでメールは検索して探せばよい。
・Gmail では、フォルダがない。代わりにラベルを付けることができる。
・ラベルは、1つのメールに複数付けることもできる。

「アーカイブ」という、「ゴミ箱以上、受信トレイ以下」の メール置き場の存在と、「ラベル」が Gmail 最大の特徴だと思います。機能を理解した上で、私はこんな設定をしました。

[Gmail の設定1] メールの種類別に、以下のラベルを自動添付する。
・Gmail に転送した ezweb 受信メール(仕様G1)には、「ez受信」というラベルを付ける。
・Gmail に転送した プロバイダー受信メール(仕様G2)には、「xxx受信」というラベルを付ける。
・Gmail に転送した ezweb 送信メール(仕様G3) には、「ez送信」というラベルを付ける。
・Gmail から送信した プロバイダーメール(仕様G4) には、「xxx送信」というラベルを付ける。
・Gmail から送信した ezweb メール(仕様G5) には、「ez送信」というラベルを付ける。

xxx は、プロバイダー名の頭文字です。 ラベルは、自動的に付くように設定します。

[Gmail の設定2] メール返信時に、受信メールに合わせて差出人を自動選択する。
・Gmail で、プロバイダー受信メールに返信するときは差出人をプロバイダーのメアドに。
・Gmail で、ezweb受信メールに返信するときは差出人を ezweb のメアドに。

これらの設定を、さくっとご紹介します。


[設定1] メールの種類別に、以下のラベルを自動添付する。

1) 新しいラベルを作成する。
Gmail にログイン後、画面右の歯車アイコンをクリックすると出てくるメニューの中に [設定] があります。[設定]をクリックし、続いて メニュー[ラベル]をクリックします。
[新しいラベルを作成] をクリックして、任意の名前を入力します。
新しいラベルの作成

2) フィルタ設定をして、ラベルが自動的に添付されるようにする。
設定メニューの、[フィルタ] をクリックします。[新しいフィルタを作成] をクリックします。
To や From のメールアドレスを指定して、[この検索条件でフィルタを作成] をクリックします。
新しいフィルタの作成

つづけて、どのラベルを適用するか選択します。その後、「フィルタを作成」をクリックします。
フィルタの設定を入力する

私は以下の3つのフィルタを設定しました。
・To : xxx@ezweb.ne.jp → ラベル : ez受信 (G1)
・From : xxx@ezweb.ne.jp → ラベル : ez送信 (G3)(G5)
・From : プロバイダーメアド → ラベル : xxx送信 (G4)


3) プロバイダー受信メールに関しては [フィルタ]設定ではなく、[アカウント]設定の中の、[POP3 を使用して他のアカウントのメッセージを確認] の中から行いました。
「受信したメッセージにラベルを付ける」にチェックを入れて、 → ラベル xxx受信 (G2)を指定
しました。
G8-2



[設定2] メール返信時に、受信メールに合わせて差出人を自動選択する。

[設定] → [アカウント] を開きます。[名前]の項目に、メールアドレスが並んでいます。私はプロバイダーのメールアドレスを、「デフォルト」に設定しました。
そして、

デフォルトの返信モード → メールを受信したアドレスから返信する
としました。


以上で、Gmail の設定が完了です。
iPhone から ezwebメールを送ろうが、あるいは Gmail から ezwebメールを送ろうが、ラベル「ezweb送信」を選べば、過去に送信したメールが一覧できるようになりました。 受信メールについても同様です。


最後に、 Gmail のアプリを iPhone にインストール。ラベルの色や名称は、iPhone で表示を確認しながら、視認性重視で調整しました。
Gmail アプリ

iPhone では、 Gmail アプリはもっぱら「プロバイダー受信メールの確認用」として使っています。

既に iPhone の写真が、自動的に Dropbox にアップするようにしたことと、
ezwebメールがすべて Gmail にアーカイブされるようになったことで、携帯を無くしたときの恐怖から開放されました。また、将来 新しい iPhone に乗り換えるときも、気楽に引越しができそうです。

全8回に及んでしまいましたが、メールの統合作戦は、今回にてひとまず終了です。
標準のメールアプリとの住み分けや、スパムフィルタの塩梅など、使用してみての感想は、いずれまたこちらでレポートする予定なのでした。
関連記事

[29] iPhone で、ezweb、プロバイダーメール、Gmail を一括管理するには? その7

2013.04.19 (Fri)
Gmail を使って、ezwebメール、プロバイダーメールを一括管理してしまおうという作戦、設定について今回が最後になります。これまでのインデックスをまとめてみました。

[その1] 自分の利用しているメールをリストアップ。
[その2] メール管理の方針と、仕様を作成。5種の設定(G1~G5)を計画。
[その3] iPhone 宛てのメール(ezwebメール)を、Gmail に転送する設定(G1)
[その4] プロバイダーメールを、Gmail に転送して受信する設定(G2)
[その5] ezweb の送信メールを、Gmail にも送信する設定(G3)
[その6] プロバイダーメールを、Gmail から送信する設定(G4)
[その7] ezwebメールを、Gmail から送信する設定 (G5) ← 今回はコレ!

G5) ezwebメールを、Gmail からも送信できるようにする。.. の設定方法
G5

「どうして、 ezweb メール を Gmail から送信したいの?」
私も最初はそんなことはしなくていいや、と思っていました。G1~G4 までの設定で十分満足して、しばらくの間は困っていなかったのです。
ところが…、PC で(Gmail を開けば) 受信した ezweb メール が読めるようになったら、今度はその場で返信を書きたくなりました。また、私は面白いと思ったサイトのURLをお友だちに送信することもあるので、そういう文面は iPhone ではなく PC から書いた方が楽チンと思うようになりました。こんな理由で、この設定もしようと考えたのでした。

今回の設定は、前回と同じく Gmail の設定です。ただし、入力情報を取得するために、au のメール設定画面を開く必要があります。
※なお、この設定方法は、iPhone のメールアプリの設定を一度変更することになりますので、試す方はご注意ください。

[G5-1] メッセージアプリを起動し、#5000 宛てに 「1234」 とメッセージを送ります。

[G5-2] 返信メッセージに記載されているURLをタップします。
一番下が、一番新しいメッセージです。タップして、ブラウザで設定ページを開きます。
G5-2


[G5-3] 「利用アプリ変更」のメニューを確認します。
※以下の手続きは、この画面でメールアプリが「リアルタイム受信」利用中となっていること前提として書いています。
「手動受信設定」をタップします。この作業により、「リアルタイム受信」から「手動受信」に切り替わります。(ちょっと物騒な方法ですが、情報を取得する方法が、私が試した時点では、この方法しか見つけることができませんでした)

G5-3


[G5-4] メール設定用のユーザ名/パスワードをSMSで送信~ の画面で、メニューの「設定情報送信」をタップします。
au からメッセージが送られてきます。そして次の画面に切り替わります。
G5-4


[G5-5] 設定情報の画面の情報をメモします。
この画面に記載されている情報を、メモしておきます。メモは、スクリーンショットが便利です。ホームボタンと、電源ボタンを同時に押すと、スクリーンショットがカメラロールに保存されます。
G5-5


[G5-6] メッセージに記載されている情報をメモします。
G5-6


以上で、設定に必要な情報を入手しましたが、メールアプリが「手動受信」になってしまいましたので、すみやかに「リアルタイム受信」に戻します。


[G5-7] 再びメールの設定画面にすすむ。
先ほどと同じく、「利用アプリ変更」を確認します。手動受信利用中になっていますので、「リアルタイム受信を利用」をタップします。画面が切り替わります。
G5-7


[G5-8] Eメール利用設定(リアルタイム受信設定)をタップします。
タップすると、メッセージが送られてきます。メッセージのURLを開いて、メールのプロフィールをインストールしてください。インストールの完了画面まで、手続きを行ってください。
G5-8


メール設定画面に戻って、リアルタイム受信に切り替わっていることを確認します。念のため、自分の ezweb メアド宛にメールを送って、すぐに受信できるか確認するとよいでしょう。
問題がなければ、Gmailの設定に進みます。


[G5-9] Gmailの設定画面にすすむ。
Gmail にログイン後、画面右の歯車アイコンをクリックすると出てくるメニューの中の[設定] をクリックします。
Gmail の設定はここ

続いて [アカウント]をクリックします。そして、「メールアドレスを追加」 をクリックすると、小さなウィンドウで設定画面が表示されます。
メールアカウントの設定はここ


[G5-10] 名前と ezwebメールのアドレスを入力します。
私は「エイリアスとして扱います」のチェックは外しました。「次のステップ」をクリックします。
G5-10


[G5-11] サーバー名、ユーザー名、パスワードを入力します。
「SMTP サーバー経由で~」を選択します。選択すると、サーバー名やユーザー名などの入力窓が出てきますので、先ほどメモした情報を記入します。ポート番号は587。セキュリティに関しては、素直に推奨されている「TLS」の方を選びました。そして「アカウント追加」をクリックします。入力した情報に問題なければ、Gmail から、入力したアドレスに確認メールが送信されます。
G5-11


[G5-12] 承認作業手続きをします。
先ほどのステップで送信されてきた確認メールを見ます。メール内のリンクをクリックするか、メールの中に記載されている確認コードを このウィンドウに入力します。
G5-12


以上で、設定が完了です。
試しに、Gmail から 差出人のアドレスを ezweb メールを選択して、メールを送信してみます。
正しく送信&受信ができれば成功です。

いやぁ、なんとも長い設定でした。
この設定で、PCからでも Gmail を使って ezweb メールの送信が出来るようになりました。
設定が手間なので、必須の設定ではないかと思いますが、使い始めると非常に便利です。

ようやく、G1 ~ G5 の設定が終了しました。
この次は、Gmail と、Gmail アプリの設定をご紹介するのでした。

つづきます。


関連記事

[28] iPhone で、ezweb、プロバイダーメール、Gmail を一括管理するには? その6

2013.04.17 (Wed)
Gmail を使って、ezwebメール、プロバイダーメールを一括管理してしまおうという作戦、いよいよ大詰めです。前回までの設定で、iPhone で受送信した ezweb メールは、Gmail にも転送されるようになりました。 今回は、プロバイダーメールを Gmail から送信するための設定をします。

[その1] 自分の利用しているメールをリストアップ。
[その2] メール管理の方針と、仕様を作成。5種の設定(G1~G5)を計画。
[その3] iPhone 宛てのメール(ezwebメール)を、Gmail に転送する設定(G1)
[その4] プロバイダーメールを、Gmail に転送して受信する設定(G2)
[その5] ezweb の送信メールを、Gmail にも送信する設定(G3)
[その6] プロバイダーメールを、Gmail から送信する設定(G4) ← 今回はコレ!


G4) プロバイダーメールを、Gmail から送信する。.. の設定方法
G4

なぜプロバイダーメールを Gmail から送信したいのか? この設定を行うことにしたのは、私が「その2」の回で、以下の方針を定めたからです。

5) プロバイダーメールは、Gmail で管理する。自宅PCのメーラーでの管理を終了する。

今後、家のパソコンのメーラーからはメールを送らないので、Gmail から送るよう設定します。
設定は、 Gmail の同じ設定メニューから行います。設定の詳しい方法に関しては、Gmail 公式ページのヘルプを参考に行いました。

別のアドレスからのメールの送信
http://support.google.com/mail/answer/22370?hl=ja&ref_topic=1669030


[G4-1] Gmailの設定画面にすすむ。
場所がわかりにくいかもしれません。 Gmail にログイン後、画面右の歯車アイコンをクリックすると出てくるメニューの中の[設定] をクリックします。
Gmail の設定はここ

続いて [アカウント]をクリックします。そして、「メールアドレスを追加」 をクリックすると、小さなウィンドウで設定画面が表示されます。
メールアカウントの設定はここ


[G4-2] 名前とプロバイダーメールのアドレスを入力します。
私は「エイリアスとして扱います」のチェックは外しました。 Googleの解説を読みましたが、実はあまり深く理解ができていません。とりあえず外して使っていますが、現時点では不自由がありません。「次のステップ」をクリックします。
G4-2


[G4-3] Gmail 経由で送信する(セットアップが簡単) を選択。
これは、私が使っているプロバイダーの仕様の問題で、このように設定しました。そして「次のステップ」をクリックします。
G4-3


[G4-4] 確認メールの送信 をクリックします。
Gmail から、入力したアドレスに確認メールが送信されます。
G4-4

[G4-5] 承認作業手続きをします。
先ほどのステップで送信されてきた確認メールを見ます。メール内のリンクをクリックするか、メールの中に記載されている確認コードを このウィンドウに入力します。
G4-5


以上で設定が完了です。

ためしに早速、iPhone 宛てにメールを送ってみました。 正確に書くと
Gmail で、[from プロバイダーメールアドレス]として、 自分の ezwebメール 宛てにメールを送ってみました。
無事、受信の確認ができました。


この設定で、プロバイダーメールを Gmail から送ることができるようになりました。 Gmail のアプリを使えば、iPhone からもプロバイダーメールを送信できるようになったわけです。

も少し続くのでした。
関連記事

[27] iPhone で、ezweb、プロバイダーメール、Gmail を一括管理するには? その5

2013.04.10 (Wed)
Gmail を使って、ezwebメール、プロバイダーメールを一括管理してしまおうという作戦。今回は、iPhone から送信した ezwebメールを、Gmail にも転送する設定をします。

[その1] 自分の利用しているメールをリストアップ。
[その2] メール管理の方針と、仕様を作成。5種の設定(G1~G5)を計画。
[その3] iPhone 宛てのメール(ezwebメール)を、Gmail に転送する設定(G1)
[その4] プロバイダーメールを、Gmail に転送して受信する設定(G2)
[その5] ezweb の送信メールを、Gmail にも送信する設定(G3) ← 今回はコレ!


G3) iPhone から ezweb メールを送信する時、Gmail にも控えを送信する。.. の設定方法

G3

自分でまとめた仕様のうち、この仕様を実現する設定方法を見つけるのに、一番時間が掛かりました。しかし、なんとも簡単な方法に落ち着きました。
iPhone の設定画面から行います。

[G3-1] iPhone の [設定] → [メール/連絡先/カレンダー] を開く
G3-1

[G3-2] 「常にBccに自分を追加」 → オン
G3-2

以上です。

「これだけ?」

と、私も最初は思いました。 すでに、G1 の設定をしているから、これだけの設定でOKなのでした。

G3 の設定により、BCCで自分のezwebのメアド宛に送信します。そして、
G1 の設定により、ezwebの受信メールは、Gmail にも転送 される… からです。

なんだか、パズルみたいですね。
以上で、iPhone から送ったメールも、 iPhone に届いたメールも、Gmail に転送されるようになりました。

「…ちょっと待った!」 と ツッコミを入れられる方も、いらっしゃるかと思います。

ハイ。この設定(G3)をすると、以下の問題が発生します。
iPhone からメールを送信する同時に、「受信1件」となります。つまり、「受信」と「送信済みメッセージ」の2箇所に、自分が送信したメールが貯まることになります。
この点に関しては、…妥協しました。要は、「気にしない」ことにしたのです。
なぜなら、私は「その2」の回で、管理方針をこんな風に決めたからです。

6) iPhone の標準メールアプリは、使い勝手が悪いので、ezweb メールの「ちゃんとした管理」は、あきらめる。

あきらめる、というとちょっと言葉が悪いかもしれませんね。
iPhone の標準メールアプリはスレッド形式にしてくれるので、受信トレイの中で、自分が送ったメールと、それに対する返信がスレッドで表示されるというメリットもあります。(と思うようにしました)

このあたりの使用感は、実際にお試しいただかないと、分からないかと思いますが、
そんなに悪くないと思いますよ…。
ナニワトモアレ、私的には、これ以上の設定方法が思いつかなかったので、「まぁ良し」 としたのでした。


つづきます。
関連記事

[26] iPhone で、ezweb、プロバイダーメール、Gmail を一括管理するには? その4

2013.04.08 (Mon)
Gmail を使って、ezwebメール、プロバイダーメールを一括管理してしまおうという作戦の続きです。今回は、受信に関する2つめの設定を行います。

[その1] 自分の利用しているメールをリストアップ。
[その2] メール管理の方針と、仕様を作成。5種の設定(G1~G5)を計画。
[その3] iPhone 宛てのメール(ezwebメール)を、Gmail に転送する設定(G1)
[その4] プロバイダーメールを、Gmail に転送して受信する設定(G2) ← 今回はコレ!


G2) プロバイダメールを、Gmail に転送して受信する。 .. の設定方法

G2


プロバイダーメールを、Gmail で受信します。この設定は、ブラウザでGmail にアクセスして行います。設定の詳しい方法に関しては、Gmail 公式ページが一番。

異なる複数のアカウントからのメールを一元管理する
https://support.google.com/mail/answer/21289

…なのですが、最もわかりにくかったのは、この設定をする画面に辿りつくこと。

[G2-1] Gmail にログイン後、画面右の歯車アイコンをクリックすると出てくるメニューの中の[設定] をクリックします。
Gmail の設定はここ

[G2-2] そして、[アカウント]をクリックします。
「POP3を使用して他のアカウントのメッセージを確認」というメニューが、今回設定する項目です。
メールアカウントの設定はここ


設定してみた感想ですが、Gmail はヘルプが充実しているので、意外と なんとかなりました。
各設定項目について、私が選択したものをご紹介します。

メールアカウントの設定


[受信したメッセージのコピーをサーバーに残す] → OFF
Gmailに転送した後、そのメールをプロバイダーのサーバに残すか否かの設定です。
「残す」を選択すれば、例えば自宅 PC のメーラーでもメールの確認ができるようになります。私は、メール管理の運営方針を、「その2」の回で

5) プロバイダーメールは、Gmail で管理する。自宅PCのメーラーでの管理を終了する。

と決めました。そのため、「残さない」と設定をしました。(チェックマークは外しました)


[セキュリティで保護された接続(SSL)を使ってメールを取得する]
利用しているプロバイダーによっては、SSL接続に対応していない場合があるようです。
その場合は、チェックマークを外します。


[受信したメッセージにラベルを付ける] → ON
「ラベルってなあに?」と、Gmail を使っていない私は、この設定に戸惑いました。メールにタグ付けする、という意味と解釈しましたので、「***受信」というラベルを付けるよう設定しました (***は、プロバイダーの名前)。Gmail のラベル設定に関しては、別途ご紹介の回を設けます。


[受信したメッセージを受信トレイに保存せずにアーカイブする] → OFF
「アーカイブってなあに?」と、これまた Gmail を使っていない私は戸惑いました。なんとはなしにイメージで、チェックマークを外しました。 後にアーカイブの意味が分かりましたが、それでもこの設定は変えていません。
Gmail のアーカイブに関しましても、ラベルと併せてご紹介の回を設けます。


設定が完了しましたら、試しにプロバイダーのメアド宛にテストメールを送信して、Gmail に転送されることを確認しました。

実は、プロバイダーメール宛には1日に百件ほどスパムメールが届いていたのですが、Gmail で受信するとスパムメールが見事にフィルタリングされるようになりました。これは、快適。
これまでは自宅のメーラーや、Yahooメールで ポチポチとスパムメールを消しながら、読まなくてはいけないメールを探していたのですけれど、その作業から開放されたことがとても嬉しいです。

前回と、今回の設定で、携帯に届いたメール(ezwebメール)も、プロバイダーメールに届いたメールも Gmail で受信できるようになりました。
続いては、送信メールの設定をします。


つづくのでした。
関連記事

[25] iPhone で、ezweb、プロバイダーメール、Gmail を一括管理するには? その3

2013.04.05 (Fri)
せっかく iPhone5 を購入したので、 Gmail と、ezwebメール、プロバイダーメールをしてしまおうという作戦。今回から、設定の仕方をご紹介していきます。
Gmail のアカウントをお持ちでない方は、アカウントを取得後にご覧ください。
今回は、前回作成した仕様のうち、G1 の設定を行います。

[その1] 自分の利用しているメールをリストアップ。
[その2] メール管理の方針と、仕様を作成。5種の設定(G1~G5)を計画。
[その3] iPhone 宛てのメール(ezwebメール)を、Gmail に転送する設定(G1) ← 今回はコレ!


G1) iPhone 宛てのメール(ezwebメール)に来たメールは、iPhone と Gmail 両方で受信する。 .. の設定方法
ezweb の受信メールを、Gmail にも転送します


iPhone 宛てに来た ezweb メールを、Gmail にも転送するよう、設定します。 これは、ezweb メールのメニューから行います。

[G1-1] メッセージアプリを起動し、#5000 宛てに 「1234」 と送信。
メールの設定などで、既にやったことがある人が殆どだと思います。「1234」と送信すると、設定画面のURLがメッセージで送られてきます。
G1-1


[G1-2] 返信メッセージに記載されているURLをタップします。
ちなみに、一番下が、一番新しいメッセージです。一瞬どれか、悩みますよね。
タップすると、ブラウザで設定ページを開きます。
G1-2


[G1-3] メール設定の「メールアドレス変更~自動転送」のバナーをタップします。
この画面は、2013年4月のものです。
G1-3


[G1-4] 設定メニューの「自動転送先」をタップします。
直前の画面に比べたら、シンプルな画面ですね。au ガラケーのときも同じ画面だったかも。
G1-4


[G1-5] Gmail のアドレスを入力して、[送信]をタップします。
G1-5


以上で、今回の設定は完了です。
ためしに、自分の ezwebメール宛にメールを送信して、Gmail に届いていることを確認しました。

この設定で、お友だちからのメールや、それに添付された写真も、自動的に Gmail にも保存されるようになったのでした。

つづきます。

関連記事
 | HOME |