iPhone に四苦八苦のブログ

iPhone を購入後、踏んでしまった地雷の数々を記録します。

指定期間 の記事一覧

[113] iPhone のデータ移行はどうやるの? その4

2015.11.18 (Wed)
(前回からのつづき)
iOS 9.0 の不具合をしのいで、なんとか iPhone 6s にデータ移行が成功したかのように見えましたが、いくつかのアプリは移行に失敗をしていました。 失敗が確認できたものは、

「連絡先」
・すべての連絡先が消えていました。

「ArrowNote」
・アプリ内に保存していたテキストが消えていました。

「リマインダー」
・全てのデータが消えていました。

「ロードランナー」
・セーブデータが消えていました。


…(このあたりで他のアプリの確認を中断)

連絡先は、IS Contacts Kit でバックアップを取っておいて、ホントに正解でした。
多少のアプリが移行に失敗していようとも、
「まぁ、上出来!、頑張ったよ、自分!」 と妥協しようと考えていましたが、
ロードランナーのクリアデータの移行失敗を確認して、妥協することが悔しくなりました。

Lode Runner Classic
『ロードランナー』(Lode Runner)は、ダグラス・E・スミスにより考案され、ブローダーバンドから1983年に発売されたアクションパズルゲーム。 全150面。(Wikipediaより)

そして、ちょっとこれまでの作業を振り返ってみました。

1) iPhone 5 のバックアップを iTunes で作成した。
2) 買ってきた iPhone 6s で「バックアップを復元」を試みるも、iOS 9.0 の不具合のせいで起動できなかった。
3) そこで、iTunes で iOS 9.0.1 を当てて、起動に成功した。
←イマココ

振り返ってみると、 2) の作業が、中途半端に終わっていることは明らかなのです。
そこで、もう一度 iTunes に繋げて「バックアップを復元」を試みることにしました。

バックアップを復元

…すると、連絡先も、ロードランナーのクリアデータ移行に成功しました!
端末内のアプリを事細かに確認したところ、殆どのアプリのアプリ内データや、各種設定を移行することに成功しました。
諦めなくてよかったです!


新しい iPhone に、設定やデータが移行できなかったアプリ
それでも、データ移行に失敗したアプリがいくつかありました。

「LINE」
トーク履歴の移行に失敗しました。これも、原因がわかりません。知人には移行できた人もいました。 旧端末と新端末でOSのバージョンが違ったからでしょうか。 こちらのページにも、そのようなことが記載されていました。

LINEの履歴の引き継ぎと復元方法
iOSのバージョンが違うと履歴が消える?
トーク履歴は、トークの相手にお願いして、履歴のコピーを送信してもらいました。 テキストファイルですので、 メモにペーストして参照することにしました。

「リマインダー」
なぜか、リマインダーに関しては、リトライしても、アプリ内のデータが何も移行できませんでした。 これも、旧端末の iOS が 7 だったことが原因のような気がします。
リマインダーに関しては、私は移行をあきらめました。

「Downloads」
私が最強のアプリと考えている「Downloads」。 アプリ内のフォルダは移行できていましたが、中のデータは2割ほどしか移行できていませんでした。 なんと、よく見るとこのアプリの中の設定メニューにも、「 iTunes にバックアップするか否か」の設定がありました。 移行できなかったのは、この設定を行わなかったからでしょうか。
この後私は、旧端末から Downloadsのデータ を抽出するのですが、その方法に関しては、別の記事に新たにまとめます。


新しい iPhone で、設定が面倒なアプリ
「メール」
これは、au のページを参照して設定しました。
Safari のブックマークにある「auお客さまサポート」を選び、「iPnone設定ガイド」を開きます。
要は、設定のしなおしなのですが、「未署名のプロファイル」を選択するという勇気が試されました(私だけでしょうか)。
また、設定完了後にいきなりすぐには、すべてのメールが復帰しません。 約30分くらいかかって、過去のメールが参照できるようになりました。


以上で、なんとか、iPhone の引越し作業がおわりました。
いや~。。。
新しい iPhone への移行が、こんなに大変とは思いませんでした。
結局、半日つぶしてしまいました。しかも、まだ完全に移行は完了していないアプリもあります。

こんな難しい作業を、みんなができるとも思えません。
きっと世界中で困っている人がたくさんいるんだと思います。


[まとめ] 新しい iPhone へ引っ越しするときの注意点
最後に、新しい iPhone へ引っ越しするときの注意点をまとめておきます。ワタクシの、反省点でもあります。

[1] 念のため、連絡先は、「IS Contacts Kit」を使ってエクスポートしておく。
[2] 念のため、LINE は、「トーク履歴の送信」をしておくのがよい。
[3] もし Downloads というアプリを使っている場合は、アプリ内の設定も確認すること。
[4] 古い iPhone、新しい iPhone ともに iOS を最新のものにアップデートしておくこと。 絶対に iOS 9.0のままで作業開始してはいけない。
[5] 新しい iPhone は移行完了までパスコードロックは設定しない。
[6] iTunes でバックアップを取る前に「PCの認証作業」をすること。
[7] iTunes でバックアップを取るときは「iPhoneのバックアップを暗号化」を選ぶこと。
[8] すべての作業は、メモを取りながら行うこと。


もし誰かのお役に立てば幸いです。

数々の地雷を踏んで血を流しましたが、
いよいよ iPhone 6s の生活が始まるのでした。


関連記事

[112] iPhone のデータ移行はどうやるの? その3

2015.11.01 (Sun)
iPhone 6s を購入したワタクシ。
いよいよ、前の iPhone からバックアップをとったデータを、iPhone 6s に移行します。
PC で iTunes を起動し、iPhone 6s をケーブルで接続しました。
そして、iTunes で、「バックアップを復元」をクリック。

バックアップを復元

データの移行が開始されます。進捗を示すバーが伸びていく様子を見る限り、順調でした。

途中、接続した iPhone 6s が再起動しました。
前の iPhone 5 では、ロック画面の壁紙にパンダの写真を使っていたのですが、再起動後、一瞬そのパンダの姿が見えたことから
「お、データ移行ができたかな?」と思いました。
そして iPhone 6s の画面には、「スライドでアップグレード」という表示が出たのです。

…ところが。

スライドできないんですが。

なにこれ?
スライドしたくても、動かないのです。
いったい、何が起こったの?!
仕方がないので、iTunes から外して iPhone を再起動をしたものの、途中で止まってしまいます。

調べてみると、まさに、ワタクシと同じ地雷を踏んでいる方がいらっしゃいました。

iPhone 6sにてバックアップから復元中に「スライドでアップグレード」という画面から先に進みません。 | Apple サポートコミュニティ
iPhone6sをソフトバンクで機種変更して、自宅のWi-Fiにて前機種のiPhone5sのデータで復元しようとしたところ、最終的に「スライドでアップグレード」という画面で止まってしまっています。(中略)
電源ボタンを長押しして再起動してみると、アップルマークの画面からスライドでアップグレードの画面に進み、スライドするとパスコードを求められ、入力します。するとアップルマークの下にプログレスバーが表示され20秒ほどでアップデートが完了しました~の画面になり、「続ける」をタップすると★ 一瞬アップルマークが表示され、冒頭のスライドでアップグレードの画面になります。ここまでくるとスライドしても何も動きません。非常にこまっています。

私の場合、この↑報告の★の部分が少し異なっていて、

再起動後 → Wi-Fiネットワークの選択までは進むのですが、→ そこで「次へ」をタップすると → アップルマーク → 「スライドでアップグレード」画面 → スライドできない → 手詰まり → そして再起動 → (以降、繰り返し)

のループとなりました。
新品なのに、起動すらできないって、どういうことでしょう?
調べてみると、とんでもない情報が見つかりました。

iPhone 6sでも復元後に「スライドでアップグレード」から進めない不具合発生中 | 情報科学屋さんを目指す人のメモ
iOS 9.0 で発生している不具合です。
この不具合は、iOS 9.0.1 のリリースで修正されました。
しかし、iOS 9.0.1 のリリースは、iPhone 6s / 6s Plus の発売日の【前日】でした。
なので、間に合うはずもなく、出荷されている iPhone 6s / 6s Plus にインストールされているのは、 iOS 9.0 です。
なので、iPhone 6sでも同じ「スライドでアップグレード」から進めない問題が発生してしまっているようです。

…なんだこれ!?
こんなの、iPhone 6s に乗り換える人、必ず引っかかってしまうのではないですか。

この地雷を回避するには、

・買ったばかりの iPhone の OS のバージョンを確認し、
・iOS 9.0 だったらどんな 不具合をネットで調べた上で、
・iTunes で「バックアップからの復元」を行う前に、
・iOS をアップデート


すれば良かったってこと?!

しかし、あえて、言わせていただきましょう、
わかるか! そんなもん!

お店の人だって、そんなこと言わなかったよ?!
これって、欠陥商品なんじゃないの?!

上記で紹介したページによると、この状態になった場合、対処方法は 「DFUモードにして『復元』を試みよ」 と書いてありました。つまり、工場出荷状態に戻すとのこと。今日買ったばっかりなのに、なんでこんなことをするハメになるのか、泣けてきます。

iPhone 6sでも復元後に「スライドでアップグレード」から進めない不具合発生中 | 情報科学屋さんを目指す人のメモ
すでに「スライドでアップグレード」から抜けられない状態になっている場合は、DFUモードを使って、強制的に初期化してみてください。

このページの指示に従って、DFUモードに切り替えて、「バックアップからの復元」を試みたものの、、
今度は 「パスコードでロックされているため、iTunesはこのファイルに接続できませんでした」 となりました。

では、パスコードロックを解除しようと思ったのですが、
iPhone を再起動すると、ふたたび上記★のループの繰り返しがはじまります。

うーむ、、悪夢のようです。
過去の私に、そして、これから iPhone 6s にデータ移行する人に訴えたい。

・移行作業前に、iPhone 6s の iOS のアップデートを必ずして下さい。
・そして、移行作業前には、パスコードの設定はしない方がいいでしょう。


泣きそうになりながら、私が行った解決方法は、以下のとおりです。

・前の iPhone の壁紙パンダが表示されていることから、恐らくデータは移行できているものと信じます。つまり、「バックアップを復元」は、もうやらない。
・スライドできない問題の原因は、iOS 9.0 です。経由で、OSを iTunes を使って新しいものに更新します。
・ただし、更新中にロックが掛からないように、ずっと画面をツンツンしていました。


iTunes での iOS の更新は、こちらのページがわかりやすかったです。

iOS ソフトウェアをアップデートする | Softbank

iOS の更新は、「バックアップを復元」と同じ画面の上にある「更新」ボタンを押します。iOSが最新なら「更新」ボタンは表示されません。

iOS のダウンロードに時間はかかったものの、何とかこの後、起動することに成功しました!

ネットにはこの「スライドできない」問題の情報が多く上がっていますが、そのあとの解決方法が曖昧な記事が多い気がしました。 この、「データ移行後 iPhone 6s でスライドできない」地雷を踏んだ方は、すみやかに iTunes で iOS の更新を行うのがよいと思います。 DFUモードを試す必要もないかもしれません。

苦労の末に起動した iPhone 6s の画面を見ると、
アプリも、なんだか移行できているようです。写真も移行できてますし、Safari を見ても、ブックマークが入っていました。
では「連絡先」は?

…空になっていました。
えっ?!!

まだまだ地雷はつづくのでした。

さて皆さん。
今回はもうさすがに後悔するポイントは尽きているのですが、未来からの声をお聞き下さい。

(……きこえますか…きこえますか…
…iPhone 6s にデータ移行をした…みなさん…
…今…あなたの…心に…直接… 呼びかけています…
…移行が…完了したと…思っても…
…安心しないで…ください…
…また、…移行に…失敗したと…
…思っても…諦めないで …ください…
…諦めては…いけません…
…悪いのは…Appleです…あなたは…
…悪くないのです…
…悪いのは…Apple …なのです…)



関連記事
 | HOME |