iPhone に四苦八苦のブログ

iPhone を購入後、踏んでしまった地雷の数々を記録します。

[97] リマインダーで、完了したものが消えません

2014.03.21 (Fri)
iOS 7

iPhone の標準アプリで、お気に入りだったものがあります。
それは、リマインダー。こちらは iOS 6 のときのアイコンです。
iOS 6 のリマインダーアイコン
一見、「これだけ?」と思うくらい、シンプルなアプリでした。
忘れたくないことをメモして、それが完了したら自分でチェックマークを付ける。基本はこれだけです。時間を指定しておくと、通知もしてくれます。

iOS 6 版のスクリーンショット

「えらい単純で、アナログなツールだな、、」
と、ちょっとバカにしてたのですが、使いだすと、大げさですが生活が変わりました。

「やらなきゃなぁ…」ってことをリマインダーにメモすることで、忘れずにすみます。そして、実行したものにチェックを付けて、それが消えていくことが達成感となりました。通知されたメモの数が、アイコンのバッジで見れることも便利でした。

リマインダーは、「英会話学校に通う」みたいな、たいそうな目標を書くのではなく、「○○さんに電話する」「テレビの録画予約する」といった、日常での「あ、あれやらなきゃ」と思い付く小さなことを書くのに向いています。

そんな小さなことでも、リマインダーを使って、忘れずに実行することを積み重なねていくと、なんとなく生活が充実する気持ちになれるのでした。

ところが、、、

iOS 7 になって、リマインダーが大きく変わりました。デザインも一新され、色々機能も増えているみたいです。
iOS 7 のリマインダー
iOS 7 版のリマインダーは、私的には不満だらけです。

完了の印が、チェックマークからカラフルなボタンに変わりました。このデザイン、意味不明です。終わった時にボタンをオンにしますが、なんだか終わったように見えません。

さらに、「完了した」メモが、消えなくなりました。
iOS 6 版では、完了してチェックを付けたメモは、次回アプリを立ち上げたときにリストから消えてくれました。しかし、iOS 7 版のリマインダーは、完了しても文字が薄くなるだけで、いつまでもリストに残っています。

iOS 7 版のスクリーンショット

これじゃ、「終わったぜ!」ていう達成感に欠けてしまいます。プチプチとメモを消して行く事が楽しかったのに。
完了したものが消えてくれないと、リストはどんどん長くなります。新しいメモは一番下に追加するので、不便この上ない。

私は、完了したメモが消えない事がイヤで、リマインダーを使うのをやめてしまったのです。


どうやったら、完了したメモを消せるの?
使わないのもくやしいので、調べてみました。

調べてびっくりしたことは、「メモを消す」事と「メモを削除する」事を同じと勘違いしている方が沢山いたことでした。

完了したからと言って、そのメモを削除してしまったら、後で「完了したこと」を確認することができなくなります。
削除は、間違ったメモや不要なメモを消す時にするべきです。


色々調べたのですが、二つの泥臭い消し方しかみつかりませんでした。

一つ目は、
[完了済みを表示] をタップ → すぐに [完了済みを隠す]

完了済みを表示して、隠す

「完了済みを表示」すると、過去に完了したメモが下にズラリと出てきます。そしてすぐに「隠す」と、さっきまでリストに残ってた完了済みメモもいっしょに消えてくれるのです。

こちらのサイトでも、この方法が紹介されていました。
iPhoneのリマインダー 完了済みのタスクの消し方 | これまでのこと、これからのこと


二つ目は、
リストのタイトルをタップ → すぐにもう一度リストのタイトルをタップ

リストのタイトルをタップ

タイトルをタップすると、リストの一覧・選択画面になります(この操作、すごく分かりにくいと思います)。そして、もう一度さっきのリストタイトルをタップすると、完了済みメモも消えてくれるのです。

どっちの消し方も、「ひと手間」掛かるのがイマイチです。
それでも、消し方が分かったことで、またリマインダーを使い始めることにしました。私は指の動かす範囲が少ない、一つ目のやり方で完了したメモを消しています。

久々にリマインダーを使い始めて、
細々したことをやり遂げてくことのメリットを感じています。

でも、iOS 6 版リマインダーのが懐かしくて、涙が出ちゃうのでした。


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック