iPhone に四苦八苦のブログ

iPhone を購入後、踏んでしまった地雷の数々を記録します。

[99] 海外で iPhone を使うには、どんな設定をすれば良いの? その1

2014.04.06 (Sun)
au iPhone

ちょいと突然、ニューヨークに行ってきました。iPhone を購入してから海外に行くのは、初めてでした。NY 旅行の目的はこちら、アラジンのミュージカルです。



よく、「海外でスマホを使ったら、翌月パケット代の請求額がトンデモナイ金額になった…」
てなエピソード、聞きますよね。
そういう目に遭わないようにするには、どうしたらいいの?

きっと、設定の仕方が重要なんだと思われます。調べるのも面倒なので、au のサポートセンターに電話してみました。

正直、ビックリするくらい丁寧に教えてくれました。そのときに教わった事と、補足で調べた事を、二回にわたりまとめてみます。

今回は、基礎知識編です。設定するにも、用語は知っておかなくちゃですね。

1) ローミングって何?
2) パケットって何?
3) どんな時にデータ通信するの?
4) パケット代が発生するときはいつ?
5) Cメール(SMS)って、パケット代が発生するの?


1) ローミングって何?
海外での利用設定の際に、いろんなところで「ローミング」なる言葉が出てきます。これまでは、知ってるフリをしていましたが、改めて調べてみました。

ローミング 【ろーみんぐ】 | コトバンク
携帯電話やインターネット接続などで、ある地域内だけでサービスを提供している事業者が、他の地域の事業者と提携し、利用者が他の地域でも同じ携帯電話やアカウントを使ってサービスを利用できるようにする仕組みです。
…なるほど。 とりあえず、
「ローミング = 海外で、現地の通信会社を利用すること」
と 覚えておきましょう。


2) パケットって何?
パケットなる言葉も、よく使いますよね。インターネットを使うときのアレでしょ?くらいに思っていましたが、これもちゃんと調べてみました。

パケット通信って何? | au
パケットは直訳すると小包のことです。パケット通信では、データを小包のように小分けにしてやりとりします。
…なるほど。 ひとまず、
「パケット = データ通信するときの、データのかたまり」
くらいのイメージでよいのだと思います。au では、1パケット=128バイトとなっているそうです。


3) どんな時にデータ通信するの?
さて、iPhone は、どんなときにデータ通信するのでしょう。意外と落とし穴があります。挙げてみました。

a. ブラウザでいろんなサイトを見る時
b. メールの受送信の時
c. アプリが、データ通信する時

a と b は有名(?)ですが、厄介なのが c。アプリが勝手にデータ通信をする場合があります。
例えば、広告を表示するときも、プッシュ通知を受信するときもデータ通信をしてしまいます(!)。 ニュース系のアプリなど、バックグラウンドでデータを自動更新するものもあります。
[設定]→[モバイルデータ通信]
を見ると、データ通信するアプリがズラリと出てきますが、「え?こいつもそうなの?」と思うものもあるんじゃないでしょうか。
…と いうことで、ここでは、
「アプリもいろいろデータ通信する」
と覚えておきましょう。


4) パケット代が発生するときはいつ?
ワタクシ的には、これが意外とポイントでした。
キャリア(例えば、au)を使ってパケット通信をすると、パケット代が発生します。まあ、当たり前に思いますよね。
逆に言えば、キャリアを使わなければ発生しません。

…つまり、
「キャリアを使ってデータ通信をするとパケット代は発生するけど、Wi-Fi でデータ通信をするときはパケット代が発生しない」
と覚えておきましょう。もちろん、 Wi-Fi を使う際にお金がかかる場合もあります。


5) Cメール(SMS)って、パケット代が発生するの?
メールっぽいくせに、Cメールはデータ回線ではなく、音声回線を利用するので、パケット代は発生しません。しかし、受信はタダですが、送信料が件数ごとに発生します。

SMS(i) | au
文字メッセージをおくる(国際SMS) | au
国際SMS通信料 … 送信 100円/通 (免税)
au 同士は無料になるサービスがありますが、海外への送信はタダではありません。また海外から日本の携帯宛に SMS を送るときも、100円です。けっこうなお値段。
「Cメールは、パケット代は発生しないけど、送信料はかかる。海外へ/海外から は1通100円」
と覚えておきましょう。


以上が、基礎知識編です。けっこう複雑ですよね…。

でも、これらをおぼえておくと、
次回の設定はスイスイできるのでした。

つづきます。


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック