iPhone に四苦八苦のブログ

iPhone を購入後、踏んでしまった地雷の数々を記録します。

[107] iPhone にケースは必要なの? 保護フィルムはした方がいいの?

2014.10.21 (Tue)
先日、とある学校の方とお話したとき、学生さんのスマホ事情を伺いました。

すると、
「うちの学生は iPhone ばかりですよー。やっぱり、女の子が多いので」
と、ちょっと謎なコメント。

「女の子は iPhone を選ぶ傾向があるんですか?」
と質問すると、

「かわいいケースが沢山あるから、iPhone を選ぶんだそうです」
という驚きの回答!

たしかに、家電量販店に行くと、スマホケースのコーナーは、圧倒的な面積を
iPhone用が占めています。一方で、Android用 はキャリアとメーカーに細分化されて、ちょっと古い機種のケースは下手すれば棚の一列もありません。

性能云々ではなく、ケースの種類。
女の子らしい発想に感心するとともに、
「それが理由となっちゃ、他の機種は絶対勝てないな~」
と思いました。


さてさて、今回はケースについてのお話です。
私が今使っているiPhoneのケースはシンプルなもの(関連記事はコチラ)なのですが、最近になって

「iPhone ケースの存在意義、つまり、
ケースのレゾンデートル(raison d'etre) とは何か
を、理解するに至りました。

「…なに言ってるの?」

と言われそうですが、まぁまぁ。
ケースを選ぶときに、ちょっぴり参考になるかもしれませんよ。

スマホのケースを付ける目的は、「落としたときに壊れることを防ぐため」 と思っていました。なので、いかに全体をガードしているかに着目していました。

また、先ほどの女子大生ではありませんが、やっぱりデザインも大切。そう考えると、デザインの「顔」となるケースの背面部分に着目しがちです。

しかし、最近になってですね、
ケースで、もっとも重要なのは、
ココ だということに気がつきました。

写真の、矢印のところです。
ケースのここの…


この、スクリーン周辺の 出っ張っている箇所が重要なのです。
出っ張りがポイント


なぜ大切かと言いますと、この出っ張りのおかげで、iPhone を伏せて置いても
スクリーンが床や地面に触れずにすむのです。

図に描いてみました。(横から見てる体(てい)です)
出っ張りがあるとき


この出っ張りがないと、スクリーンはベタっと接地をしてしまいます(下図)。
なにせ、iPhone はスクリーンの面がまっ平らですので。
出っ張りがないとき


普段使いで、「落とす」ということは、レアケースですが、「机の上に伏せて置く」なんでことはしょっちゅうやっています。
ガラス面むき出しの、iPhoneの画面を守っていたのは、スクリーン周りのわずかな「出っ張り」改め「出っ張り様(さま)」だったのでした。
出っ張り様がいなければ、スクリーンは傷だらけになっていたかもしれません。

この恩恵に気付いた時、私は「コレがあれば、スクリーンの保護フィルムはいらないんじゃね?」と思いました。
そして、保護フィルムを剥がして半年以上使ってますが、出っ張り様のおかげてスクリーンはいまだ傷がありません。

逆に、保護フィルムはケースを使わない人向けなのかもしれませんネ。

あえて、言わせていただきましょう!
iPhone のケースの存在意義は、スクリーンを守る出っ張り様にアリ、と。

ケースを購入の際には、
ココに注目することを、
オススメするのでした。




関連記事

コメント

確かに
本当はそうです。かわいいiPhoneケースが山ほどあります。それを買うのは、女が服を買うことと同じ感じします。(笑)

管理者のみに表示

トラックバック