iPhone に四苦八苦のブログ

iPhone を購入後、踏んでしまった地雷の数々を記録します。

[18] iPhone に、タスクキラーは必要ないの?

2013.03.07 (Thu)
iOS 6 iOS 7

android の タスクキラー

私が仕事で使っていた Android 携帯で、バッテリをもたせるために良く使っていたのが、タスクキラーというアプリ。バックグラウンドで動いているアプリを終了してくれるものでした。これを使わないと、Android ではバッテリーの減りが、とてもハゲしかったのです。
iPhone にもタスクキラーみたいなアプリはあるのかしら? 使ったほうがいいのかしら? と疑問に思いました。

iPhone で、ホームボタンをダブルクリックすると、
iOS 6 以前だと、それまで起動したアプリのアイコンが画面の下部にズラリと出てきます。
iOS 7 では、それまで起動したアプリのアイコンと、画面のサムネイルがズラリと出てきます。
私は、これらは全て「バックグラウンドで動いているアプリ」だと思っていました。

iOS 6 以前では、このアイコンを長押しすると、ぷるぷる震えて「-」マークが出てきます。
「-」をタップすると、アプリは終了します。

iOS 6 以前では、ホームボタンダブルクリック&アイコン長押しでぷるぷる

iOS 7 では、画面のサムネイルを上にスワイプすると、アプリは終了します。

iOS 7 では、画面のサムネイルを上にスワイプ


この、ダブルタップでズラリと出てくるアプリ達は、何を示すのか、人によって意見は様々です。
知り合いに聞くと、「えー、これまで使ったアプリのリストでしょ?」という意見が多数。
「バックグラウンドで起動中のアプリ」と解釈している人は、あまりいませんでした。
中にはダブルクリックすること自体を知らない人もいました。

起動中のアプリだとしたら、これらをチマチマと終了しないと、バッテリーの減りがハゲしくなるのでしょうか。
ネットで調べると、「iOS は Android と違うので、いちいち終了しなくても大丈夫」 という意見もありました。

「ズラリと出てくるアイコン」が、はたして起動中のアプリか否か確認するために、
簡単な実験してみることにしました。

1) いくつかアプリを操作したあとで、ホームボタンをダブルクリックする。
2) これまで操作したアプリが並んでいることを確認する。
3) 電源を落とす。
4) 再び電源を入れる。
5) この「まっさらな状態で」ホームボタンをダブルクリックしてみる。

すると、1) で表示されていたアプリと同じものが並びました。これで分かったことは、ホームボタンダブルクリックで出てくるアプリ達は、「起動中のアプリ」ではなさそうです。


…ここまで読んでいても「なんのこっちゃ」と思われる方も多いでしょう。
こんな感じに、はてしなく疑問と実験を繰り返してしまいそうな私に、明確な回答を教えてくれたページはこちらです。

「アプリの10分制限」を理解してiPhoneのバッテリーと上手に付き合う
http://iwire.jp/news/2012/03/02/001/index.html

今更聞けない、iOSのマルチタスクの仕組みについて解説しておく
http://gori.me/iphone/12808

アプリには以下の5種類の状態があって、終了すると10分後には自動的に Suspended になっている、ということでした。

a) Not Running
起動していない状態。
バッテリ消費なし。

b) Active
起動中。前面に表示された状態。
バッテリ消費あり。

c) Background
前面に表示されていないが動作中。
10分後にはSuspendへ移行する。(「オーディオ」と「VoIP(音声通話)」、「位置情報」の機能を持つアプリを除く)
バッテリ消費あり。

d) Suspended
メモリは確保されているのですぐ起動できる。
バッテリ消費なし。

e) Inactive
前面に表示されているが動作していない状態(ロック中など)
バッテリ消費なし。

整理すると、こういうことになります。

・ホームボタンをダブルクリックして表示されるアプリは、上記 a ~ e のどれかの状態。
・10分後に自動的に 「Suspended」 になるから、いちいち終了しなくて構わない。
・ただし、音楽系、Skype などの音声通話系、位置情報を使うアプリ(Google Maps 等)は 終了した方がよい。


なるほど! なんだかスッキリしました。
この運用ルールで使っていますが、「重い」だの「バッテリー消費がハゲしい」と感じたことは、現在のところありません。どのアプリが位置情報を取得しているかは、[設定] → [プライバシー] → [位置情報サービス] から確認できます。

ただし、もうひとつ運用ルールを追加しています。

・アプリの挙動が怪しいと思ったら、アプリを終了させた方が良い。

最後のルールは、かな~り重要で、どうしてこれに至ったかは今後紹介します。

今回の調査で、iOS にちょっと詳しくなった気がしたのでした。


関連記事

コメント

起動しています
なぜなら、フリーズした際、そのアプリを終了させると治るから
コメントありがとうございます
はる さま

たしかに!
Suspend状態であっても起動しているということなんですね。

管理者のみに表示

トラックバック