iPhone に四苦八苦のブログ

iPhone を購入後、踏んでしまった地雷の数々を記録します。

[19] iPhone で、Siri が誤爆します

2013.03.12 (Tue)
別れ言葉を自ら求める

CM とかでも話題となった、iOS に搭載されている音声認識ソフト Siri 。 正直、あまり興味がないのです。iPhone をメインで使うのは、家の外にいるときですし。 外で Siri を使うことがイマイチ想像できません。

以前、iPhone5 の書籍を探すときに、「標準搭載の地図アプリを推奨している本は信用ならねえ」という基準を設けていました。私が購入した本はちゃんと(?) 「Googleマップを使いましょう」と紹介してあったのですが、この本のエライところは、以下の事もちゃんと書いてました。

「Siri は、まだ実用性が高くない」

ということで、私は Siri を使わない。使わなきゃいいよね。と思ってました。

ところが。
使わなくても邪魔なのです。この Siri ってやつが。キーボードに Siri の起動ボタン(音声入力ボタン)があり、しかもそれが頻繁につかうキーの隣にあるのです。

Siri のキーが邪魔!
日本語キーボードでは、「言語切替キー」のとなり。そのせいか、「言語切替キー」の幅が狭!
英語キーボードでも「言語切替キー」の隣にありますが、印象としては「space」バーの隣。

特に 日本語キーボードで、意図せず Siri ボタンに触れてしまい、音声入力が起動することが頻繁に発生しました。しかも、最悪なことに、キータッチのサウンドをOFFにしてようが、Siri が起動すると「ポン」と音がなってしまう。これは恥ずい。電車の中で、Siri に恥かかされたことも数回。

この位置にキーを置くセンスがおかしい。なんだか、無理やり使わせようとしていませんか?
あまりに腹がたったので、Siriを OFFにしました。
ちなみに Siri に直接お願いしても、謝られるだけで消えてくれませんした w。

消えてください

Siri のOFFの仕方は、

[設定] → [一般] → [Siri] → オフ

ちなみに、ONにするときの画面を見てびっくり。こんな表示が出てきました。

OFFにするときのアラート

え~、そんな情報を送ってたの? 調べてみるとこんな注意が。

音声認識を利用する際に知っておきたい注意点
http://www.8089.co.jp/onsei-ninshiki/115

なんだか、ますます使うのが億劫になりますね。。
また、Siri の設定に関して注意を促しているページがありました。デフォルトの設定だと、パスコードロックをかけていても、ロック画面から Siri を起動して個人情報を聞き出せてしまうそうな。「…バッカじゃないの?!」 と呆れて笑ってしまいました。

要注意!iPhoneのSiriをロック画面でも使えるようにしておくのは危ないという話
http://www.danshihack.com/2013/01/12/junp/iphone-siri-security.html

OFFしたキーボードは、こうなりました。

Siri のキーが消えてスッキリ!
「言語切替」キーや「space」バーが大きくなって、スッキリ! ^_^

…と思いきや。
今度は別のことが気になりだしたのでした。


つづきます。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック