iPhone に四苦八苦のブログ

iPhone を購入後、踏んでしまった地雷の数々を記録します。

[30] iPhone で、ezweb、プロバイダーメール、Gmail を一括管理するには? その8

2013.04.22 (Mon)
Gmail を使って、ezwebメール、プロバイダーメールを一括管理してしまおうという作戦、ややこしい設定は、前回までで、ようやく完了しました。
最後に、これまでの設定を活かせるよう Gmail の設定を調整して、アプリを iPhone にインストールします。

[その1] 自分の利用しているメールをリストアップ。
[その2] メール管理の方針と、仕様を作成。5種の設定(G1~G5)を計画。
[その3] iPhone 宛てのメール(ezwebメール)を、Gmail に転送する設定(G1)
[その4] プロバイダーメールを、Gmail に転送して受信する設定(G2)
[その5] ezweb の送信メールを、Gmail にも送信する設定(G3)
[その6] プロバイダーメールを、Gmail から送信する設定(G4)
[その7] ezwebメールを、Gmail から送信する設定 (G5)
[その8] Gmail の設定と、Gmail アプリのインストール ← 今回はコレ!


今回の設定をするまで、自分は Gmail をほとんど使ったことはありませんでした。イメージ先行で、「他のフリーメールと大差ないんじゃないの?」と考えていました。
しかし、Gmail の「設計思想」が理解出来たとたんに、すごく便利と思うようになり、今ではメーラーを Gmail 以外は考えられなくなりました。

Gmail の設計思想について、私が「なるほど!」と思ったサイトはこちらです。

Gmailで全てのメールアカウントを管理する方法2:ラベル・フィルター・複数アカウント・バックアップ編 | G Mania - グーグルの便利な使い方

まとめますと、

・Gmail では、基本的に削除しなくてよい。
・受信トレイでメールの内容を確認したら、どんどん「アーカイブ」に投げ込めばよい。
・Gmail は、検索機能が強力なのでメールは検索して探せばよい。
・Gmail では、フォルダがない。代わりにラベルを付けることができる。
・ラベルは、1つのメールに複数付けることもできる。

「アーカイブ」という、「ゴミ箱以上、受信トレイ以下」の メール置き場の存在と、「ラベル」が Gmail 最大の特徴だと思います。機能を理解した上で、私はこんな設定をしました。

[Gmail の設定1] メールの種類別に、以下のラベルを自動添付する。
・Gmail に転送した ezweb 受信メール(仕様G1)には、「ez受信」というラベルを付ける。
・Gmail に転送した プロバイダー受信メール(仕様G2)には、「xxx受信」というラベルを付ける。
・Gmail に転送した ezweb 送信メール(仕様G3) には、「ez送信」というラベルを付ける。
・Gmail から送信した プロバイダーメール(仕様G4) には、「xxx送信」というラベルを付ける。
・Gmail から送信した ezweb メール(仕様G5) には、「ez送信」というラベルを付ける。

xxx は、プロバイダー名の頭文字です。 ラベルは、自動的に付くように設定します。

[Gmail の設定2] メール返信時に、受信メールに合わせて差出人を自動選択する。
・Gmail で、プロバイダー受信メールに返信するときは差出人をプロバイダーのメアドに。
・Gmail で、ezweb受信メールに返信するときは差出人を ezweb のメアドに。

これらの設定を、さくっとご紹介します。


[設定1] メールの種類別に、以下のラベルを自動添付する。

1) 新しいラベルを作成する。
Gmail にログイン後、画面右の歯車アイコンをクリックすると出てくるメニューの中に [設定] があります。[設定]をクリックし、続いて メニュー[ラベル]をクリックします。
[新しいラベルを作成] をクリックして、任意の名前を入力します。
新しいラベルの作成

2) フィルタ設定をして、ラベルが自動的に添付されるようにする。
設定メニューの、[フィルタ] をクリックします。[新しいフィルタを作成] をクリックします。
To や From のメールアドレスを指定して、[この検索条件でフィルタを作成] をクリックします。
新しいフィルタの作成

つづけて、どのラベルを適用するか選択します。その後、「フィルタを作成」をクリックします。
フィルタの設定を入力する

私は以下の3つのフィルタを設定しました。
・To : xxx@ezweb.ne.jp → ラベル : ez受信 (G1)
・From : xxx@ezweb.ne.jp → ラベル : ez送信 (G3)(G5)
・From : プロバイダーメアド → ラベル : xxx送信 (G4)


3) プロバイダー受信メールに関しては [フィルタ]設定ではなく、[アカウント]設定の中の、[POP3 を使用して他のアカウントのメッセージを確認] の中から行いました。
「受信したメッセージにラベルを付ける」にチェックを入れて、 → ラベル xxx受信 (G2)を指定
しました。
G8-2



[設定2] メール返信時に、受信メールに合わせて差出人を自動選択する。

[設定] → [アカウント] を開きます。[名前]の項目に、メールアドレスが並んでいます。私はプロバイダーのメールアドレスを、「デフォルト」に設定しました。
そして、

デフォルトの返信モード → メールを受信したアドレスから返信する
としました。


以上で、Gmail の設定が完了です。
iPhone から ezwebメールを送ろうが、あるいは Gmail から ezwebメールを送ろうが、ラベル「ezweb送信」を選べば、過去に送信したメールが一覧できるようになりました。 受信メールについても同様です。


最後に、 Gmail のアプリを iPhone にインストール。ラベルの色や名称は、iPhone で表示を確認しながら、視認性重視で調整しました。
Gmail アプリ

iPhone では、 Gmail アプリはもっぱら「プロバイダー受信メールの確認用」として使っています。

既に iPhone の写真が、自動的に Dropbox にアップするようにしたことと、
ezwebメールがすべて Gmail にアーカイブされるようになったことで、携帯を無くしたときの恐怖から開放されました。また、将来 新しい iPhone に乗り換えるときも、気楽に引越しができそうです。

全8回に及んでしまいましたが、メールの統合作戦は、今回にてひとまず終了です。
標準のメールアプリとの住み分けや、スパムフィルタの塩梅など、使用してみての感想は、いずれまたこちらでレポートする予定なのでした。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック