iPhone に四苦八苦のブログ

iPhone を購入後、踏んでしまった地雷の数々を記録します。

[まとめ] 昔の携帯電話で撮った写真を、iPhone で見れるようにするには?

2013.03.03 (Sun)
アクセスログを見たところ、「ガラケー 写真 iPhone 移行」で検索して、当ブログを参照されている方が多いことが分かりました。簡単ではありますが、このカテゴリーの記事のまとめを作りました。iPhone 5s や iPhone 5c をきっかけに、ガラケーから乗り換えた方はぜひお試しください。


「ガラケーの写真や動画を、 iPhone に移行できますか?」
できます。ただし、少し手間が掛かります。PC の知識も少し必要です。当ブログでは、au のガラケーのデータ(主に、写真と動画)を、 iPhone5 に移行する方法をご紹介しています。 docomo や SoftBank のガラケーや、デジカメのデータを移行したいときも応用できる方法だと思います。必要とされる PC の知識は、「拡張子とは何か知っている」「フリーソフトをインストールして使ったことがある」程度です。


[用意するもの]
1) SDカード
ガラケーに内蔵されている場合が多いと思います。私はそれを利用しました。

2) USBカードリーダー
SDカード を PC で読み取るためのリーダーです。コンビニでも販売しています。

3) パソコン
私は Windows PC で作業しました。Mac でも作業できると思いますが、4) に該当するソフトが必要です。

4) Flexible Renamer
複数のファイルを、まとめてリネームする無料ソフトです(リネームとは、ファイル名を付け替えることです)。使い方につきましては、ソフトのヘルプを参照してください。また、実際に作業を実行する前に、他のファイルで色々実験を行ってみることをオススメします。

5) バイナリエディタ(BZ など)
このソフトは必須ではありません。画像ファイルの撮影日情報を調べるときに、使える場合があります。


[作業の流れ]
移行作業は、以下の方法で行います。各作業は、()内のリンク記事を参照してください。
携帯からiPhoneへのデータ移行

[Step.1]
携帯電話のデータを SDカード 経由で、PC にコピーします。 (その1

[Step.2]
PC で、コピーしたデータの整理をします。ファイル名も修正します。 (その2

[Step.3]
整理したファイルを、Dropbox にアップロードします。iPhone からは、Dropboxアプリ で写真を参照します。 (その5

これらの作業で、もっとも面倒なのが、Step.2 です。
携帯電話のファイルを SDカード にコピーすると、様々なフォルダに分散して保存されてしまいます。また、ファイル名が「GRP_2355.JPG」というような名称になってしまうため、ファイル名を見ても、写真の撮影日がわかりません。さらに、場合によっては重複したファイル名が付けられている場合もあります。そこで、以下の5つの作業を行います。

[2-1] ファイルを拡張子で検索して、種類別に、仕分けする。
.JPG(写真)、.3GP(動画)など、拡張子で検索して、種類別にフォルダにまとめます。名前が重複しているものは、別の名前にするか、サブフォルダに分けて、上書きしないよう注意します。 (その3

[2-2] ツール(Flexible Renamer)を使って、ファイル名を「更新日時」にする。
写真で最も重要な情報は、撮影日です。でも、PC にコピーしたファイルの名前は、撮影日になっていませんし、順番もデタラメです。そのため、ツールを使って、各ファイルの「更新日時」をファイル名にしてしまいます(例:2007_02_04_12-32-21.JPG)。
「更新日時」は、イコール撮影日時と考えて構いません。ただし、例外もあります。 (その3

[2-3] 同じ名前になってしまったファイルの名前を修正する。
[2-2] の作業を行うと、重複した名前のファイルができる場合があります。それらのファイルは恐らく他の人からメールで受信した写真で、これが先ほど「例外」と称したものになります。
JPEGファイル に埋め込まれている Exif (イグジフ)内の撮影日時情報を参照し、それをファイル名にします。Flexible Renamer の使い方としては、複雑になりますので、[2-3]の作業は行わないという選択もアリです。(その4

[2-4] 撮影日時情報が不明なものは、バイナリエディタを使って調べ、それをファイル名にする。
Exif 情報がない場合、バイナリエディタを使って撮影日時が調査できる場合があります。日付が判明したら、手動でファイル名を修正します。撮影日時にこだわる場合はここまでやるとよいでしょう。この作業も、必ずしも行う必要はありません。 (その4

[2-5] 撮影機種から送信者を推測し、仕分けする。
これまでの作業で、撮影日情報を付けることが出来ましたので、続いて誰が撮影したファイルかを調査します。Windows のファイル表示オプションで、写真を撮影した機種を表示することができます。この情報を元に、誰が撮影した写真だったのかを調べて、仕分けをします。 (その4

なお、「撮影日時も順番も、ファイル名も気にしない」のであれば、[2-1]の作業だけでOKです。
また、Step.3 で、Dropbox ではなく iCloud を利用するのもよいと思います。私が Dropbox を選択したのは、将来 Android に乗り換える可能性もあるかもしれない、と考えたからでした。

移行作業は手間が掛かりますが、思い出の写真を iPhone でいつでも見れるようになると、とっても嬉しいはずです。ぜひチャレンジしてみてください!

以上、ガラケーの写真を iPhone に移動する手順の、まとめなのでした。


関連記事

コメント

No title
SDからiPhoneへデータを移行する方法をずっと探していました。
ありがとうございます。

管理者のみに表示

トラックバック