iPhone に四苦八苦のブログ

iPhone を購入後、踏んでしまった地雷の数々を記録します。

[73] iPhone に乗り換えて、よかった? その1

2013.09.13 (Fri)
iPhone 5 を使いはじめて、7ヶ月が経ちました。
私の場合は、au ガラケー から、au iPhone 5 に乗り換えました。初 iPhone でしたが、初スマホというわけではありません。会社携帯で、Android 端末(docomo Galaxy S2)も、使っていました。
「iPhone に乗り換えて、よかったのか?」 この半年を振り返り、考察してみたいと思います。iPhone 5S / iPhone 5C の発売を機に、乗り換えを検討されている方の参考になればと思います。

Q. iPhone 5 を使ってみて、好きなところは?

1番気に入ったところは画面の美しさです。
Retina ディスプレイがキレイ。特に、文字と写真を見ると解像度の高さが実感できます。人間の目は恐ろしいもので、高解像度になれてしまうと、低解像度の画面に違和感を感じます。
iPhone5 を買った後も、デジカメを使うつもりでいたのですが、ほとんど使わなくなりました。理由は、デジカメのモニターの解像度が、iPhone に比べて圧倒的に低いから。デジカメで撮っても、デジカメのモニターでは画像が荒くて参考になりません。前はそんなこと気にならなかったのに、iPhone に慣れたらすごく気になるようになりました。デジカメが廃れた理由は、実は、モニタの解像度のせいだと私は考えています。

2番目に気に入っているところは、バッテリーです。
iPhone5 は、バッテリー持ちますよ!
購入する前は、バッテリーはあまり持たないんじゃないかという先入観があったのですが、意外にも長持ちするので、不便を感じません。朝から帰宅するまで、充電せずに使っています。ただし、私の場合、仕事はオフィス内で完結する日が多く、動画アプリや重たいゲームアプリは使っていないことも大きいかもしれません。省電力とされる設定をしている効果かもしれません。
Android 端末(Galaxy S2)は、すぐに電池がなくなってしまったので、比べると遥かに快適です。また、iPhone 5 は、充電スピードが非常に速いので、短時間でバッテリーの「注ぎ足し」ができます。充電していなかったことに気付いて、慌てて充電を開始しても、1時間もあればかなり貯まります。Android 端末は充電に非常に時間が掛かっていたので、この点も嬉しい誤算でした。

3番目は、本体の軽さと薄さ。
軽くて薄いので、ポケットの中に入れても邪魔ではありません。私は、本体全てを覆うケースを使っているので、一回り大きくなっていますが、それでも大きさは気にならないのが、良いですね。


Q. iPhone 5 の、嫌いなところは?

使っていて、いやな事、つまずいたことは本ブログで随時紹介していますので、特に印象深いものを3つ挙げます。

まず最初に、問題があると思ったことは、マニュアルの不備です。
まず、「iPhone はマニュアルがなくても操作できる」ということは、決してありません。ウソです。
特に、ガラケーから乗り換える人は、解説本が必須だと思います。
使って半年目にして分かったことは、「iPhone がガラケーと比べて使いにくい」のではなく、「iPhone と ガラケー は文脈が全く異なる」、ということでした。iPhone ならではの文脈を理解するまでが大変。ガラケーの文脈で操作すると、「なんで?」って思うことがいっぱい。(例:カメラロール
しかし、多くの解説本は、高いし、重いし、逆に丁寧すぎるところもあるので、立ち読みでも十分(本屋さんごめんなさい)。立ち読みを済ませたら、 私のオススメ本 に進むのが吉かと。この本は iOS 6 が対象ですので、iOS 7 版の登場を期待します。
ちなみに、iPhone の ブラウザから参照できるマニュアルは、おそらくキャリア依存しないように書かれている(要は直訳)ため、au 版 iPhone にはない機能が書かれていたりとイマイチ。

2番目に嫌いなところは、不具合があること。
iPhone5 三大疾病
現時点で私が問題アリと思っている不具合と頻度を紹介します。
圏外病。 圏外から復帰しないことがある。(発症率:3ヶ月に1回くらい)
不在着信病。 着信時に全く反応がないことがある。(発症率:1ヶ月に3回くらい)
画面が暗いままになる。(発症率:1ヶ月に3回くらい)
iPhone5 の三大疾病と私は思っています。特に、圏外病と不在着信病は「電話機」として致命的な不具合なので、かなり怒り心頭。こんな現象、大きなクレームになっていないのは不思議。
これらの不具合が、ハードに起因するのか、OSに起因するのか、キャリアに起因するのか、不明です。新しい iPhone では改善されているかもしれません。 iOS7 で改善されるかは、経過を見て報告します。

3番目にして、最も嫌いなところは、モバイル Suica が使えないこと。
Suicaペンギンのくるくる
iPhone に乗り換える際に、一番大きな障壁でした。 オートチャージSuica カードを作って代用していますが、完全な代用にはなりません。Suicaペンギンの大ファンでもあった私は、モバイルSuica の、チャージ中のくるくる回るペンギンが懐かしくて、ときどき涙を流しています。


Q. Android と比べて、 iPhone はどうですか?

えーと、、、
長くなってしまったので、次回に続くのでした。


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック