iPhone に四苦八苦のブログ

iPhone を購入後、踏んでしまった地雷の数々を記録します。

[87] iOS 7 にアップデートしたら、カレンダーから祝日が消えました

2013.11.19 (Tue)
iOS 7

先週、会社で、こんな会話がありました。
「9連休、どこか行きますか?」

GW にしては気が早いし、いったいこの人は何を言っているんだろ? と、思いました。
「9連休って、なんのこと?」
「今年の年末年始ですよ!」

ええーっ?!そうなの?
土日や国民の祝日、年末年始の会社の休みがつながって、9連休になるのだそうです。
それは気が付かなかった…。

だって、iOS 7 に アップデートしたら、カレンダーの祝日が消えちゃったんですもの。

微妙に長い前フリでしたが、実際、iOS を 6 から 7 にアップデートしたら、「カレンダー」アプリから、消えてしまったのです。「日本の祝日」が。

もともと、iPhone のカレンダーには、土日の表示しかありません。
日本の祝日を表示するためには、新たに、ちょっとめんどうな設定を追加する必要がありました。

なのに、アップデートしたら消えてしまうなんて。

設定しなおそうと調べたのですが、これまたけっこうややこしい。

iOS 7】iOS 7で日本の祝日をカレンダーに登録する方法! 表示されなくなった人はこれを試してみましょう | アップス!
http://www.appps.jp/archives/2095596.html

【iOS7】カレンダーに祝日を追加設定する方法 | SBAPP
http://sbapp.net/appnews/upinfo/cal-5391

以前、上記2つのサイトで掲載されている、「簡単な復活方法」を試したのですが、私の場合は、復帰できませんでした。

なぜ??
「お前には、祝日はないのだよ!」by Apple
てことなの?!

上記サイトで紹介されている、もう一つの「簡単じゃない方法」は、躊躇されるほどに面倒くさそうなのです。
iOS 7 のカレンダーが使いにくいと感じてたこともあり、祝日の再設定はずっと放置していました。

しかし、9連休の話がきっかけで、このたびチャレンジしてみました。

やり方を、こちらにメモをしておきます。
※上記のサイトの「簡単な方法」を行った後でも祝日が出なかった場合のやり方です。

1. [設定] → [メール/連絡先/カレンダー] → [照会したカレンダー] → [JP Holidays] を開きます。

2. [アカウント削除] をタップします。これが、実行することを躊躇してしまう動作です。

3. [メール/連絡先/カレンダー] の上部にある [アカウントを追加] をタップ。

4. [その他] をタップ。

5. [照合するカレンダーを追加] をタップ。

6. 「サーバ」に
files.apple.com/calendars/Japanese32Holidays.ics
を入力して[次へ]をタップ

※カレンダーのスペルに注意。der じゃありません。私、よく間違えるのです。 URL を間違えると、このあとの 8 で「アカウント情報を確認できません」と言われます。

URL を打ち間違えると、こうなるの図

7. 「SSL接続できません」という表示が出るが、めげずに[続ける]をタップ。

8. 次の画面で、「説明」のところに「JP Holidays」があることを確認したら、右上の「保存」をタップ

で、完了です!!

長かった!
アカウントを削除したり、「接続できません」と言われながらも続ける勇気が必要なのです。なんて不親切なんでしょう。

でも、この設定が完了して、なんとか私のカレンダーにも、祝日が復旧されました。
めでたし、めでたし。

…ところが。

年末年始に仕事を入れられてしまいまして、
ワタクシの9連休は、ものの見事に崩れてしまったのでした。

「お前には、9連休はないのだよ!」
という声が、頭に響いたのでした。


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック