iPhone に四苦八苦のブログ

iPhone を購入後、踏んでしまった地雷の数々を記録します。

[91] iPhone で、写真の情報は見れないの?

2014.01.24 (Fri)
iOS 7

前回からの続きです。
私は毎年秋に旅行をし、その記録を詳細につけます。これまでは紙のノートに書いてましたが、今回は iPhone で書くことにチャレンジしてみました。

旅を思い出しながら書くときに、参照するのは写真です。デジカメで撮った写真を見ると、撮影日時が表示されますよね。その時間や写真を見て「ああ、駅に着いたのは午後5時か」とか記録をつけるのです。

これまた新しい試みとして、今回の旅では デジカメではなく、なるべく iPhone で写真を撮ってみました。設定で位置情報をオンにしておくと、写真を撮った場所も保存できます。時間だけでなく場所も参照できれば、旅の記録を作るのに役立ちそうじゃないですか。

ところが、、、

旅日記を付けるべく、標準アプリ「写真」で 撮った写真を見てみたら、ビックリ。

・位置情報を見るのがとにかく面倒。
・撮影日時は、日付までしかわからない?


のです。。。

まず、位置情報の見方がなんともわかりにくい。どれだけ手間か見てみましょう。

「写真」アプリを起動して、下メニューの「写真」をタップします。

写真をタップ


すると、「コレクション」画面になります。「なんとなく」なグループで、写真がまとめられているようです。
調べたい写真のあたりタップします。

コレクションの写真をタップ


今度は「モーメント」表示になります。
「モーメントってなあに?」
はい、わかんないです。
わかんないからスルーして、地名をタップします。
(ちなみに、コレクション画面で地名をタップしてもOKです)

地名をタップ


ようやく地図が出てきました。

地図をちまちまと拡大


でも、地図はかなり引いた感じになってますので、写真がまとまっています。個別の写真を見るためにはピンチ操作で地図を拡大しなくてはいけません。

めんどくさ。

位置情報をみるために、いちいちこんな沢山のステップを経なくてはいけないなんて。

アプリ「写真」の位置表示は、ひとつひとつの写真の場所を調べる為のものではなくて、「ああ、色んなとこ行ったなあ」と、複数の写真を俯瞰するための機能のようです。

撮影日時にいたっては、ワタクシ、どうしたら見れるのか、いまだにわかりません。日付は見えますが、時間の表示方法がみつからないのです。日付も「11月6日〜7日」と、まとめられてしまうこともあります。

うーむ、困った。
デジカメくらいの解像度の写真が撮れても、情報を見る機能がショボイなんて。

そこで、アプリを探してみました。
こんな私にドンピシャなアプリが見つかりました。その名は、PhotosExif。写真の、EXIF(イグジフ)情報を表示してくれるアプリです。

PhotosExif


EXIF(イグジフ)とは 写真のファイルに埋め込まれる情報の規格です。

このアプリを起動すると、標準の写真アプリとほぼ同じく、アルバムが表示されます。でも、注目して下さい。写真の一覧では撮影日時が表示されています。 こりゃ便利!

一覧に撮影日時が!


そして、写真をタップすると、Exif情報タブと、データがあれば位置情報タブが出てきます。

EXIFと地図の表示ができます


それぞれのタブをタップすると、その写真の詳細な情報や、撮影場所が地図で見れます。一枚ずつ確認できるのが良いですね!

EXIFと地図


「この写真いつどこで撮ったっけ?」というのを調べたい時には、PhotosExifを使うようになりました。超オススメです。無料なのも嬉しい。このアプリなしでは、旅の日記は書けませんでした。

一点だけご注意を。
「PhotoExif」という別の有料アプリも存在しますので間違えないように。正しくは「PhotosExif」、Photoにs付きの方なのでした。


関連記事

コメント

No title
こんな表示にならないのですが…

管理者のみに表示

トラックバック