iPhone に四苦八苦のブログ

iPhone を購入後、踏んでしまった地雷の数々を記録します。

[96] iPhone のテンキーには、なぜアルファベットが書いてあるの?

2014.02.22 (Sat)
今日は、2月22日。ニャンニャンニャンの、ネコの日です。
ネコの日に ちなんだ(?)、iPhone のエピソードをご紹介します。

パスコード解除画面に登場するテンキー。
このテンキーに、どうしてアルファベットが書かれているのか、前から疑問に思っていました。

パスコード解除画面のテンキー

私は簡単なパスコード(4桁の数字)を使っていますが、
もう少し複雑なパスコードを入力する時に、この英語を使う事もあるのかしら?

ためしに、「簡単なパスコード」をオフにしてみました。
[設定] → [一般] → [パスコードロック] → [簡単なパスコード] → オフ

ところが、この場合使うのは、テンキーではなく英/数キーボードでした。

英/数キーボード

「あれ? じゃあ、テンキーのアルファベットは何に使うの?」

そのときはコレ以上考えなかったのですが、
後日、電話のテンキーにもアルファベットが書かれていることもハッケンしました。

電話のテンキー

はて?
ますます分からなくなりました。

そして昨日、会社にて、こんな会話をしていました。

クロネコヤマトの宅急便は、不在届けに書かれている問い合わせ電話番号が、

0120-01-9625

なのです。この番号に、「オーイ クロネコ」って読み仮名が振られています。

お問い合わせ | ヤマト運輸
お電話でのお問い合わせ
0120-01-9625 (オーイ クロネコ)

「『25』 を、『ネコ』 と読ませるのは、ちょっと無理矢理だけど、
思わずニコッと許しちゃいますよね~。」

と、私が話してました。(これでも、仕事中の話ですよ、念のため)

「数字の語呂合わせって、日本語ならではですね。」
と、私が続けると、相手の方が、

「英語圏では、テンキーのアルファベットで語呂合わせするしかないからね」
と言いました。

「…な、なんですと?!」

それって、iPhone のテンキーにある、アルファベットのこと?!

「電話のテンキーにはアルファベットが書いてあって、そのアルファベット使って番号を覚えるんですよ」

と教えてくれました。
例えば、「27753」→「APPLE」というように。

APPLE → 27753


数字キーに振られているアルファベットの「APPLE」を追えば、たしかに「27753」となるではありませんか。

なんと!!なるほど!!
そうだったんやー!!

テンキーのアルファベットは、iPhone 独自の仕様ではなく、英語圏のテンキーの仕様だったんですね!

今日になって調べてみると、まさにワタクシと同じ疑問を持った方の質問が Yahoo!知恵袋 で見つかりました。

iPhoneの"簡単なパスコード"ってヤツのテンキーにアルファベットがちっちゃく書いてありますが、これらは機能するんですか? | Yahoo!知恵袋
アメリカではこの文字で単語を考えてそのキーの数字に合わせた番号を取得するのです。

奇しくも、「2月22日 ネコの日」スペシャルの Yahoo のサイトには、9625(クロネコ)ボタンが表示されておりました。

奇しくも、9625

テンキーにまつわる、長年の(?)疑問が解けて、スッキリしました!
文化の違いを学ぶ事になるとは驚きでした。デカルチャー!

以上、ネコの日に ちなんだ、iPhone の豆知識でした。
今回の記事は、クロネコに ちなんで、第96回 だったのでした。


関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック