iPhone に四苦八苦のブログ

iPhone を購入後、踏んでしまった地雷の数々を記録します。

[109] iPhone 6s は、どのモデルがいいの?

2015.10.12 (Mon)
これまで iPhone 5 を使っていましたが、
iPhone 6s が発売されたのを機に、思い切って機種変更をすることにしました。

iPhone 6 / 6s のデザインって、実はあまり好きではありませんでした。カメラ出っ張ってるし。

でも、iPhone 5 からだいぶ経ってしまったことと、6 と 6s では色々変わったみたいですので、乗り換えてもいいかな!と思ったのでした。

さて、では iPhone 6s は、どのモデルを買うべきか?

本体色は「ローズゴールド」が話題ですが、ワタクシは「スペースグレイ」に決めていました。
なぜなら、アップルのデザイナー、ジョナサン・アイブに関する本に、初代 iPhone のデザインコンセプトが書かれていたのを読んだからです。



なんでも、初代 iPhone のデザインで、狙っていたのは「インフィニティ・プール」だったのだそうです。

「…何それ?」

インフィニティ・プールとは、縁が見えずに、海や湖と繋がっているように見えるプールのことをいうのだそうです。

例えば、こんなプール。

シェラトン・ワイキキ・ホテルのインフィニティ・プール
インフィニティ・プール

まぁ、日本人には「ああ、こういう露天風呂、あるよね」て思う方も多いのでは?
例えば、こんなお風呂。

赤穂温泉 絶景露天風呂の宿 銀波荘|兵庫県 赤穂 旅館
インフィニティ・温泉

調べてみたところ、なんと、こういうお風呂はインフィニティ風呂と言うんですって!
まとめサイトもありました。

絶景!?インフィニティー温泉ってなんだ | NAVERまとめ

さてさて、書籍「ジョナサン・アイブ」によると、初代 iPhone では、電源をオフにしている時は全面真っ黒で、どこがモニターなのか分からないようになっていて、オンにした瞬間にモニタが浮かび上がる…、そんな演出を目指したのだそうです。

…そのデザインはジョニーが理想とした「インフィニティプール」の幻想を体現していた。電源がオフになっているときには、インクを落としたような真っ黒の平面しか見えない。電源が入ると内側から魔法のようにスクリーンが浮かび上がる。…
「ジョナサン・アイブ」より

もうお分りかと思います。
iPhone 6s で、フロント面が黒いのは、スペースグレイだけなのです。それ以外は、フロント面が白なので、モニターと本体の境界がオフの時にも明らかになってしまっています。
当初のコンセプトである「インフィニティ・プール」にはなっているのは、スペースグレイだけなのでした。
6s スペース・グレイ

みなさん、日本は特に白や金の iPhone が人気ではありますが、機会がありましたら黒い iPhone を見てみてくださいね。
どうせカバーを付けてしまうのですから、本来のコンセプトを継承している、フロント面が黒いモデルも、なかなか斬新ですよ。

まぁ、こんなウンチクを仕入れたので、
・色はスペースグレイに決定!
・容量は、これまでが32GBなので、移行して使うなら倍の64GBに決定!
・6s か、6s plus かは、やっぱり手に収まりやすい 6s に決定!


こんな感じで、機種の種類は
悩むことなく決まりました。

次に気になるのは、データの引っ越し方法です。

「ま、お店の人に聞けばいいか。」

と、お昼休みに会社近くのビックカメラに向かったのでした。


関連記事

[108] iPhone 6s を買いました

2015.10.09 (Fri)
みなさん、たいへんご無沙汰をしております。
このたび、iPhone 5 から、6s に機種変更をしました!
iPhone6s
iPhone 5は iOS7 のまま使っておりましたので、
iOS9 かつ iPhone 6s になって
、、もぉ大変!
色々と戸惑ってます。

そもそも、iPhone の 端末を切り替える作業自体が
地雷だらけでありました。

「え、なに? 何言ってるの、このメッセージ?」
「ちょ、ちょっと! ここでフリーズ?!」
「………まさか、データLOST?!!!!!」

と、戸惑いと絶望の数々。

「こんなの分かるか!●ね!」

と、何回 キャルフォルニィアのアップル本社を罵ったことか。

Apple本社
1 Infinite Loop, Cupertino, California (Google Map
アップル本社(Google Map)

アップル本社(Street view)

そこで、このブログの再開です。
「こんな地雷を皆さんに踏ませてはならぬ」
「ここで血を流すのは、私が最後であって欲しい」
と、思い至ったのでありました。

久々の再開ですが、今まで更新がなかったのは、
最後にブログを更新した以降は、
あまり地雷を踏まなかったからなんですよ?

「更新がめんどくさかったんじゃないの?」
「ブログ飽きてただけなんじゃないの?」


…とんでもございません!
そんなことないですよ、ええ、マジに、そりゃあ、もう。

でも、実際、色々と忙しかったんだよなぁ、、

ともかく。

まずは、
iPhone 5 から 6s への引越し編から
スタートします。

というわけで、
ブログ再開の宣言をさせていただいたのでした。


関連記事

[107] iPhone にケースは必要なの? 保護フィルムはした方がいいの?

2014.10.21 (Tue)
先日、とある学校の方とお話したとき、学生さんのスマホ事情を伺いました。

すると、
「うちの学生は iPhone ばかりですよー。やっぱり、女の子が多いので」
と、ちょっと謎なコメント。

「女の子は iPhone を選ぶ傾向があるんですか?」
と質問すると、

「かわいいケースが沢山あるから、iPhone を選ぶんだそうです」
という驚きの回答!

たしかに、家電量販店に行くと、スマホケースのコーナーは、圧倒的な面積を
iPhone用が占めています。一方で、Android用 はキャリアとメーカーに細分化されて、ちょっと古い機種のケースは下手すれば棚の一列もありません。

性能云々ではなく、ケースの種類。
女の子らしい発想に感心するとともに、
「それが理由となっちゃ、他の機種は絶対勝てないな~」
と思いました。


さてさて、今回はケースについてのお話です。
私が今使っているiPhoneのケースはシンプルなもの(関連記事はコチラ)なのですが、最近になって

「iPhone ケースの存在意義、つまり、
ケースのレゾンデートル(raison d'etre) とは何か
を、理解するに至りました。

「…なに言ってるの?」

と言われそうですが、まぁまぁ。
ケースを選ぶときに、ちょっぴり参考になるかもしれませんよ。

スマホのケースを付ける目的は、「落としたときに壊れることを防ぐため」 と思っていました。なので、いかに全体をガードしているかに着目していました。

また、先ほどの女子大生ではありませんが、やっぱりデザインも大切。そう考えると、デザインの「顔」となるケースの背面部分に着目しがちです。

しかし、最近になってですね、
ケースで、もっとも重要なのは、
ココ だということに気がつきました。

写真の、矢印のところです。
ケースのここの…


この、スクリーン周辺の 出っ張っている箇所が重要なのです。
出っ張りがポイント


なぜ大切かと言いますと、この出っ張りのおかげで、iPhone を伏せて置いても
スクリーンが床や地面に触れずにすむのです。

図に描いてみました。(横から見てる体(てい)です)
出っ張りがあるとき


この出っ張りがないと、スクリーンはベタっと接地をしてしまいます(下図)。
なにせ、iPhone はスクリーンの面がまっ平らですので。
出っ張りがないとき


普段使いで、「落とす」ということは、レアケースですが、「机の上に伏せて置く」なんでことはしょっちゅうやっています。
ガラス面むき出しの、iPhoneの画面を守っていたのは、スクリーン周りのわずかな「出っ張り」改め「出っ張り様(さま)」だったのでした。
出っ張り様がいなければ、スクリーンは傷だらけになっていたかもしれません。

この恩恵に気付いた時、私は「コレがあれば、スクリーンの保護フィルムはいらないんじゃね?」と思いました。
そして、保護フィルムを剥がして半年以上使ってますが、出っ張り様のおかげてスクリーンはいまだ傷がありません。

逆に、保護フィルムはケースを使わない人向けなのかもしれませんネ。

あえて、言わせていただきましょう!
iPhone のケースの存在意義は、スクリーンを守る出っ張り様にアリ、と。

ケースを購入の際には、
ココに注目することを、
オススメするのでした。




関連記事
« Prev  | HOME |  Next »